新着情報

お知らせ
2021-06-14

「男女共同参画週間」-改めて考えてみませんか‐

男女共同参画週間」は内閣府男女共同参画推進本部が、毎年6月23日から29日までの1週間実施しています。
その目的は「様々な取り組みを通じ、男女共同参画基本法の目的や基本理念について理解を深めること」です。


男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」です。(男女共同参画社会基本法第2条)


徳山大学は、性別にかかわらず、一人ひとりの個性と能力が発揮でき、豊かな人生を実現できる男女共同参画社会に向けて、啓発活動に取り組んでいます。
今年度は「女だから、男だから、ではなく、『私だから』、の時代へ」というキャッチフレーズのもと、講義、研究、講演会、シンポジウム、ワークショップなどを通じて啓発活動を続けてまいります。


みなさんもこの機会に、性別(生物学的な性差)やジェンダー(慣習的に社会での役割の違いによって規定される性差)について改めて考えてみてはいかがでしょうか。


※こちらもご覧ください

周南市男女共同参画リーフレット

 (徳山大学地域共創センター受託制作)


gender_poster_big

令和3年度 男女共同参画週間 ポスター