生涯スポーツ専攻

福祉情報学部 人間コミュニケーション学科 社会福祉コース

生涯スポーツ専攻

生涯スポーツの実践指導を通して介護・福祉の基礎知識と、実践力を備えた人材を育成
少子高齢化が加速する現代社会の課題を解決するため、全国で地域包括ケアシステムの構築が進められており、その中で重要となるのが、地域コミュニティが一体となって推進する「生活支援・介護予防」です。 生涯スポーツ専攻では、その役割を担うために必要となる、スポーツ科学・介護・福祉の広範囲の基礎知識と実践力を備えた人材の育成を教育の目標としています。
  • 1-min
  • 2-min
資格としては、健康運動実践指導者や介護職員初任者研修、社会福祉士受験資格などが取得可能です。 研究ブランディング事業の成果を背景とする高度で実践的な学びの場において、健康運動やレクリエーションの実践指導と地域課題解決によるアクティブラーニングを通して「課題解決のための方法論」を養うことで、社会で役立つ"真の力"を身につけることができます。

カリキュラム

eqトレーニング

中心となるカリキュラム

介護予防と生涯スポーツ / レクリエーション論 / トレーニング科学 / 健康管理概論 / 地域スポーツ経営論 / スポーツマネジメント / 運動生理学 / スポーツ社会学 / スポーツ心理学 / SNS活用と地域課題解決 / 現代社会と福祉 / 高齢者に対する支援と介護保険制度 / 行動マネジメント など

めざせる資格

健康運動実践指導者 / レクリエーションインストラクター / 公認障がい者スポーツ指導員(初級・中級) / 介護職員初任者研修 / 社会福祉士国家受験資格 など

主な就職先・進路

フィットネスクラブ / キッズ体育教室 / 病院・デイサービスセンター / 福祉関連の団体や企業 / 公務員  / 一般企業 など

先輩のメッセージ