先輩のメッセージ

現代経済コース

自分を育ててくれた地元に貢献できる仕事がしたい

山口中央農業協同組合 勤務

須川 和明 さん
2012年度・経済学部現代経済学科卒
04_須川 和明

高校生の頃に、地元の山口市で地域の方々といっしょによさこい祭りの踊りの練習に参加してから、将来も地元に貢献できる仕事につきたいという思いが強くなり、農協への就職を希望するようになりました。一般企業への就職活動はしていなかったので、採用面接は農協での面接が初めて。面接官は全員40代以上の貫禄ある方たちばかりで、とても緊張しましたが、大学で受けた模擬面接での練習を思い出し、とにかく明るくハキハキと答えるように心がけたのが、内定につながったのだと思います。模擬面接では朝日新聞社のOBの方が講師として指導してくださり、自分よりはるかに高い年齢の方を前にして話す経験が、面接の前にできていたのは大きかったと思います。これからは地元の農業が発展していくための力になれればと思っています。