先輩のメッセージ

社会福祉専攻

サッカーで養ったコミュニケーション能力を福祉に生かしたい
社会福祉法人児童発達支援センター ぽこぽこ 勤務
伊藤 真衣子 さん
2017年度・福祉情報学部人間コミュニケーション学科卒
01_伊藤 真衣子
介護職の仕事に就いている母親の姿を見て、「楽しそうだな。やりがいがありそうな仕事だな」と思い、福祉の道に進みました。大学で印象に残っている授業は、3年次の夏季休暇中に福祉の現場を体験する『相談援助実習』。実習前には計画をつくったり、いろいろなシチュエーションでの対応方法や利用者の方へのポジティブな声かけを練習したりして臨みました。実習前は緊張していましたが、実際に実習が始まると、福祉の仕事が純粋に楽しいと思え、本当に充実した時間でした。現在の勤務先は大好きなサッカーを続けながら、社会福祉の仕事が両立できる環境。現場の経験を積みつつ、将来は社会福祉士の資格を取得したいと思っています。