地域ゼミ

PROJECT

01_top

活動報告

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。


主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。


こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

「地域課題の発見と解決」をテーマとするアクティブ・ラーニング

  • 1年次
    教養ゼミ
    アクティブ・ ラーニング(AL)への導入 (PBLリテラシー)
  • 2年次
    地域ゼミ
    地域課題をテーマとする ALの体験
  • 3年次
    専門ゼミⅠ・Ⅱ
    専門知識を活用した 本格的PBL
IMG_3178
EQ教育
セルフコントロール・コミュニケーション力・チームビルディング・リーダーシップの育成
地域ゼミ_トップ_字幕_2行
徳山大学では、地域に貢献できる人材育成を目的とした「地域ゼミ」を、H26年度より開講いたしました。
例年、毎学期に実施された講座の合同発表会を開催しておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、動画での発表公開といたします。

地域ゼミがさらにバージョンアップ!

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、 真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。
本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、前期はオンライン開講が可能な講座のみ実施しました。後期に変更になったゼミについてはテーマや内容が変更になる場合があります。
また、前期開講ゼミについては合同発表会を行わず各ゼミで成果報告を行い、その結果は最終報告書でお知らせいたします。
  • 02

    前期

    経済学部教授

    紙矢 健治

    「エフエムラジオ出演体験」
    ラジオ出演体験を通じて自己表現の大切さとスキルを学びます。しゅうなんエフエム784が舞台です。本ゼミは「成果ありき」ではありません。地域ゼミ2014年度に地域ゼミを設計した時には、プロが取り組んでも難しい地元の地域課題の発見と解決に挑戦し、体験を通じて「できなかったこと」を反省し、なぜできなかったのかを含めて討論し分析し、まとめあげることに教育的効果があると考えました。本ゼミでは、...
  • 01

    前期

    経済学部准教授

    井出野 尚

    「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」
    本ゼミは、桜ヶ丘高校「総合的な学習の時間」と連携し、1年間をかけて地域の資源を活用したまちづくりや地域課題の解決のための方法を考えていきます。昨年度は、駅前商店街の清掃などを行い、地域の調査を行いました。
  • 22

    後期

    福祉情報学部教授

    渡部 明

    「ボランティアによるこども育成事業などの支援活動」
    地域ゼミの概要  本ゼミでは周南地域の小学校、公民館等で子どもに関わるボランティア活動などを行い、それぞれの活動機関での課題を発見し、解決策を探っていきます。こども達との関わりを通して教職に必要とされる資質・能力を高めていくことが目的です。
  • 21

    後期

    経済学部准教授

    村岡 浩次

    地域のエネルギー政策を提案してみよう!
    昨今、電気自動車への転換や再生可能エネルギー等、日本や海外でエネルギー政策の議論が活発化しています。これからは地域ごとの特色に合わせた独自のエネルギー政策を提案する時代が来ており、周南市でも水力発電など様々な取り組みが行われています。本ゼミでは、地域の視点から実際に調査・研究を行い、自分なりの提案を考えていきます!フィールドワークを通じ、理論と実際を自分の目で確認しながら、...
  • 20

    後期

    経済学部教授

    宮脇 敏哉

    模擬会社運営―実際に製品を開発して、周南市で販売する
    将来、経営者となりたい学生や地域企業への就職を目指している学生を対象に、模擬会社を運営して地域と連携していきます。 模擬会社の運営を通じて学生とりわけ留学生のコミュニケーションスキルの向上を目指します。
  • 19

    後期

    経済学部特任教授

    原田 一記

    周南市を題材にゲームアイディア企画
    周南市を取材し、同市を題材にしたゲームアイディアの企画立案をする。学生同士がコミュニケーション(ブレインストーミング)しながらゲームという課題を通し、地域のプロモーションも含めた企画を考えるゼミです。
  • 18

    後期

    経済学部助教

    羽田 司

    中山間地域を見つめ直す
    国土面積の約7割を占める中山間地域は魅力あふれる地域であるとともに、多くの課題も存在しています。このゼミでは周南市の中山間地域における課題を自ら発見し、資料調査や現地調査を通じて課題への提言を行うことを目指します。
  • 17

    後期

    福祉情報学部特任講師

    中嶋 克成

    「リレー・フォー・ライフ・ジャパン やまぐち」 運営スタッフ...
    本科目は、リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち実行委員会事務局主催の「がん患者支援チャリティ活動」に運営スタッフとしてかかわります。 チャリティイベントは9月29日~30日(土日)が本番となりますが、そのための企画や準備、当日のボランティアスタッフなどを行いました。また、参加者(本学の学生)募集活動も行うなど、活動内容は多岐にわたりました。
  • 16

    後期

    経済学部教授

    長澤 雅彦

    地域企業・商店のPR映像を制作し、地域企業の魅力を伝える
    主には下松市及び下松フィルムコミッションとの共同企画により、地元企業(未定)のPR映像を制作します。 映像制作そのものより、企業研究や地域との関わり、それを拡げる方法論の策定に向けて活動します。 ※ 不開講となりました
  • 15

    後期

    経済学部講師

    寺田 篤史

    周南の魅力再発見
    「(一財)周南観光コンベンション協会」のご協力のもと実施します。観光コンベンション協会職員の指導のもと着地型観光プログラムの開発を行います。観光プログラム開発にあたって、発信すべき周南の魅力について考え、それをもとに現地を視察する実地研修をし、完成したプログラムを催行する当地関係者へのプレゼンテーションなども行います。商品化可能な観光プログラムは実際に周南観光コンベンション...
< 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 >

地域ゼミMOVIE

Vol 井出野ゼミ「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」

「地域ゼミPROJECT」のお問い合わせ

徳山大学地域共創センター
〒745-8566 周南市学園台843-4-2
TEL:0834-28-5396(直通) 0834-28-0411(代表)
アドレス:tual_info@tokuyma-u.ac.jp

TOPへ戻るボタン