地域ゼミ

PROJECT

01_top

活動報告

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。


主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。


こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

「地域課題の発見と解決」をテーマとするアクティブ・ラーニング

  • 1年次
    教養ゼミ
    アクティブ・ ラーニング(AL)への導入 (PBLリテラシー)
  • 2年次
    地域ゼミ
    地域課題をテーマとする ALの体験
  • 3年次
    専門ゼミⅠ・Ⅱ
    専門知識を活用した 本格的PBL
IMG_3178
EQ教育
セルフコントロール・コミュニケーション力・チームビルディング・リーダーシップの育成
地域ゼミ_トップ_字幕_2行
徳山大学では、地域に貢献できる人材育成を目的とした「地域ゼミ」を、H26年度より開講いたしました。
例年、毎学期に実施された講座の合同発表会を開催しておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、動画での発表公開といたします。

地域ゼミがさらにバージョンアップ!

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、 真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。
本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、前期はオンライン開講が可能な講座のみ実施しました。後期に変更になったゼミについてはテーマや内容が変更になる場合があります。
また、前期開講ゼミについては合同発表会を行わず各ゼミで成果報告を行い、その結果は最終報告書でお知らせいたします。
  • 03

    前期

    経済学部 教授

    紙矢 健治

    「自分、大学を表現するラジオ」学生がラジオに出演!
    【5月28日までの実施記録】 1回目 ガイダンス・オーデション 「コールサイン」の読みテスト2~4回目授業 ガイダンス、PV字幕制作、納品。 5回目授業 実務者講習 6回目授業 「しゅうなんFM79.4」出演体験(5月28日土曜日) ※しゅうなんFM79.4の徳山大学ラジオは、DJの松本佳子さんを中心に2名のゼミ生をナビゲーター、徳山大学男子バスケット部コーチの川瀬秀太先生、部員で明徳義塾高等学校出身の...
  • 02

    前期

    経済学部教授

    臼井 稔

    「アグリがビジネスに」
    農園で"仕事"生産から流通まで体験!臼井稔先生が担当する「地域ゼミⅠ(臼井)」の4月から5月までの活動を報告します。この授業は、徳山大学が「農事組合法人21世紀フラワーファーム(下松市)※」の全面的協力を得て、有機作物を市場に流通させる6次産業と地域活性化をめざすコミュニティビジネス(CB)のしくみを体験し、学ぶことを目的としています。 ゼミ生2名プラス課外活動希望者4名はこの2か月間で...
  • 01

    前期

    福祉情報学部教授

    石橋 孝明

    「子ども育成事業の支援(教職課程学生向き)」
    現在取組んでいる活動は、「語学ボランティア」と「放課後子ども教室」です。「語学ボランティア」は山本先生の「初中級日本語」クラスで月に1~2回授業の補助に入り、留学生の日本語教育の手伝いをしています。「放課後子ども教室」は公民館や小学校で小学生1年~4年までの児童を対象に、宿題や個別の取組みの手伝いをしています。周陽公民館では、本学の学生が講師となって、「周南カルタ」大会を開催い...
  • 16

    前/後

    経済学部教授

    佐藤 英雄 / 吉岡 剛

    社会奉仕実践活動
    佐藤・吉岡ゼミ「中間報告」前期は、講演会、手話教室、知的障害者施設や老人ホームの訪問を行う。後期は、奉仕活動を実施する。受講者は、周南総合支援学校のボランティア活動に参加すること。本ゼミは以下の3つの目的の達成を目指す学びに取り組む。(1)実践活動を体験する。 (2)徳育に取り組む。人格形成・創造意欲・積極敢為の精神を育む。 (3)健全な人間関係を発展させる。実践活動の場におけ...
  • 15

    前期

    経済学部准教授

    柚洞 一央

    ハチミツから知る自然環境と郷土の変化
    柚洞先生が担当する「地域ゼミⅡ」の9月から10月までの活動を報告します。 ハチミツは蜜を採取する花によって味が変わります。この授業では、様々な色や味のハチミツを試食しながら、それがどの花のハチミツかを考えます。この体験を通じて、国内の自然環境が変化し、「蜜源」となる花が減少していることや、外来種の花を蜜源として有効利用していることなどを学びます。
  • 14

    後期

    福祉情報学部教授

    松尾 静香

    子ども育成事業
    地域ゼミⅡ(松尾担当)は10月1日からスタートしました。本ゼミは、本学の専門領域に関わる地域の課題を取り上げ、その解決を目的とした課題解決実習に取り組みます。 地域の小学校、公民館、商店街でのボランティア活動において、必要とされる活動を行うと共に、当該活動機関での問題発見し、解決策を提言・実行して行きます。 尚、両学部から受講しております。
  • 13

    後期

    福祉情報学部特任准教授

    増本 貴士

    中小企業特有の経営課題の発見と解決策の検討
    学生2〜3人のチームが、周南市の中小企業が抱える経営課題を発見し、その解決策を提案する。現地調査、分析アプローチなどを通して解決策を作成する。中間報告「周南萌えサミット」は周南青年会議所が主催するイベントで、2011年から開催されています。イベント開催の4か月前にボランティア・スタッフを募集し、月1回の会議を通じて企画の立案と実施の準備を行っています。 本学には知財開発コースがあ...
  • 12

    後期

    経済学部 特任教授

    原田 一記

    GAMEを企画することで周南市の活性化を考える。
    原田一記先生の「地域ゼミⅠⅠ(原田)」では、「GAME CREATION」をテーマに、周南市地域活性化をゲーム制作条件に組み込み、コミュニケーション、プレインストーミング、取材を行いながら、オリジナルゲームの企画立案し提案します。
  • 11

    後期

    経済学部准教授

    芳賀 麻誉美

    第三者の目線による地域の魅力の再考
    大学が力を入れている「地域ゼミ」の活性化とPRのために、授業の様子を伝える映像をつくる。各ゼミの授業や活動に参加・同行し、その様子を大学HPなどで地域に伝える。中間報告芳賀麻誉美先生の「地域ゼミⅡ(芳賀)」では、「周南ブランドの再考」をテーマに取り上げて活動しています。本年度は、周南市に過去5年以内に来たことのある関東・関西圏在住の対象者に対して、周南市の魅力を観光地からお土産ま...
  • 10

    後期

    経済学部 教授

    長澤 雅彦

    笠戸島PR映像の制作
    長澤先生が担当する「笠戸島PR映像制作」の9月から10月までの活動を報告します。この授業は、下松市の観光名所である 笠戸島を、長らく市民および観光客に愛されてきた「国民宿舎大城」の来年11月のリニューアルオープンに向けてPRするた めの目玉としてのPR映像の制作を行います。
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 1516 17 18 >

地域ゼミMOVIE

Vol 井出野ゼミ「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」

「地域ゼミPROJECT」のお問い合わせ

徳山大学地域共創センター
〒745-8566 周南市学園台843-4-2
TEL:0834-28-5396(直通) 0834-28-0411(代表)
アドレス:tual_info@tokuyma-u.ac.jp

TOPへ戻るボタン