地域ゼミ

PROJECT

01_top

活動報告

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。


主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。


こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

「地域課題の発見と解決」をテーマとするアクティブ・ラーニング

  • 1年次
    教養ゼミ
    アクティブ・ ラーニング(AL)への導入 (PBLリテラシー)
  • 2年次
    地域ゼミ
    地域課題をテーマとする ALの体験
  • 3年次
    専門ゼミⅠ・Ⅱ
    専門知識を活用した 本格的PBL
IMG_3178
EQ教育
セルフコントロール・コミュニケーション力・チームビルディング・リーダーシップの育成
地域ゼミ_トップ_字幕_2行
徳山大学では、地域に貢献できる人材育成を目的とした「地域ゼミ」を、H26年度より開講いたしました。
例年、毎学期に実施された講座の合同発表会を開催しておりますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、動画での発表公開といたします。

地域ゼミがさらにバージョンアップ!

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、 真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。
本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、前期はオンライン開講が可能な講座のみ実施しました。後期に変更になったゼミについてはテーマや内容が変更になる場合があります。
また、前期開講ゼミについては合同発表会を行わず各ゼミで成果報告を行い、その結果は最終報告書でお知らせいたします。
  • 13

    後期

    経済学部准教授

    柚洞 一央

    「たくさんの人たちと雑談して地域課題を探ろう!」
    ・三丘徳修館での高齢者教室「ふくふく学級」に参加。三丘地区に住む高齢者との対話から、多様な地域住民の意識を学びました。 ・三丘ほっとコミュニティーの資源回収事業における課題について、担当者から話を聞きました。活動資金を得るために行われている資源回収活動において、回収量を増やすためにどのような工夫をすべきか、学生の視点から解決策を模索しました。 ・今後、問題解決の仮説を基に、...
  • 12

    後期

    経済学部 教授

    長澤 雅彦

    「地域発信映像による地域観光の振興」
    夏休み期間より、撮影準備を開始。参加した 6名の学生がそれぞれ美術(小道具など)、助監督、撮影助手などのパートに別れて撮影準備。 主なスタッフは監督である長澤を始め、下松フィルム・コミッション、Kビジョンなどであったのでそれぞれ「社会人」の指示の下、学生はスタッフワーク。また撮影には東京からプロの俳優も3 名参加。地元俳優・スタッフ多数の市民エキストラと一体となって映画を撮り上...
  • 11

    後期

    福祉情報学部長・教授

    小林 武生

    「留学生の日本文化体験」プロジェクトによるプロジェクトマネ...
    後期の地域ゼミbでは2名の学生が受講しています。後期の地域ゼミ bの目標は、「稲刈り」と「餅つき」を留学生に体験してもらうことです。これまで、前期の地域ゼミaの学生から引き継ぎを受け、プロジェクトマネジメントとは何かを学んで、実際に留学生を引率して、「稲刈り」に行ってきました。そのために、留学生担当教員との連絡調整や、留学生に向けての説明会を実施しました。
  • 10

    後期

    経済学部准教授

    宮脇 敏哉

    模擬会社運営―実際に製品を開発して、周南市で販売する
    模擬会社を運営して地域と連携します。 学生みなさんのコミュニケーションスキルのアップをおこないます。将来、経営者や地域企業の就職を目指している学生を対象にしています。
  • 09

    前/後

    経済学部教授

    佐藤 英雄 / 吉岡 剛

    「社会奉仕実践活動」
    オリエンテーション後に27年度の履修学生による活動発表会を開催しました。先輩方の体験談をとおして、本ゼミの課題を認識することからスタートしました。その後、全盲の中村実枝先生(平成28年春の黄綬褒章受章者)の講話や、手話の学び、聴覚障害者の方々との交流を通じて、障害者に対する理解と意識共有を深めました。これらの準備をもとに、今後は実践学習(施設訪問やボランティア実習など)に取り組...
  • 08

    前期

    経済学部 教授

    長澤 雅彦

    「徳山大学のTVCMを制作し地域へアピールする」
    「徳山大学のTVCMを制作し地域へアピールする」 1)まずは、徳山大学の学内・学外のイメージ調査を行いました。ゼミ生が各自友人知人に徳山大学の「好きなところ・嫌いなところ」を20〜50個という膨大な数をあえて挙げてもらう中で、内外の徳山大学のイメージを知る。 2)次に全国の大学のTVCMをYouTubeなどを使って調査・視聴。大学CMの類型がおおよそ3パターンであることなどが分かりました。 3)上記...
  • 07

    前期

    経済学部講師

    寺田 篤史

    「学生のいるまちづくり」
    4/13(水)にスタートした本ゼミには12名の学生と周南青年会議所(以下JC)のメンバー数名が参加しています。第1回目のオリエンテーションでは玉井喜己和様(JC専務理事)によるJCの紹介の後、参加学生が今困っていることについて話し合いました。 第2~6回の内容は以下の通り。 第2回(4/20) 岩崎真之介様(JC理事長)が、学生に「日々の生活に疑問はないか?」「日々の生活に課題はないか?」という2...
  • 06

    前期

    経済学部准教授

    立部 文崇

    「絵本の読み聞かせを中心とした異文化交流」
    今年度この地域ゼミに挑戦している留学生は、韓国・ベトナム・カンボジア出身の留学生10名です。4月20日(水)に小学校3年生との顔合わせを行った受講生は、顔合わせ前にそれぞれゲームを考えていました。しかし実際やってみると、説明に時間がかかり、やりたいゲームは進まず、段取りの悪さから、小学生に飽きられてしまう留学生もいました。 5月18日には、2年生への絵本の読み聞かせを行いました。1回...
  • 05

    前期

    福祉情報学部特任講師

    庄司 一也

    「西京銀行課題解決型インターンシップ」
    本科目は4月13日(水)よりスタートしました。第1回目のインターンシップは4月23日(土)、西京銀行本店にて主にアイスブレイクやエレベータピッチによるグループワークのための基礎学習を行い、第2回目は5月7日(土)、同場所にて情報収集やKJ法による成果物の整理、第3回目は5月21日(土)、同場所にてテーマの絞り込みや若旅ツアーの概要などを進めました。また、各インターンシップの間には教室授業を...
  • 04

    前期

    福祉情報学部長・教授

    • 小林 武生

    留学生の日本文化体験プロジェクトの運営
    今年度前期の本地域ゼミには履修生がいなかったため、私の専門ゼミⅡの学生と簡易的にプロジェクトを行っています。 5月18日に久米地区コミュティ推進会議の方と打ち合わせを行いました。 6月1日に本学立部准教授のご協力の下で、留学生に対して説明会を行います。 久米小学校の5年生と6月8日に田植えを行う予定です。
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 >

地域ゼミMOVIE

Vol 井出野ゼミ「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」

「地域ゼミPROJECT」のお問い合わせ

徳山大学地域共創センター
〒745-8566 周南市学園台843-4-2
TEL:0834-28-5396(直通) 0834-28-0411(代表)
アドレス:tual_info@tokuyma-u.ac.jp

TOPへ戻るボタン