キャリア関連項目

就職対策は1年次からスタート!

1年生対象の『地域と産業』をはじめとするキャリア関連科目を多数開講。1年次必修の『教養ゼミⅠ』にもキャリア関連の講義を導入し、就職試験(SPI2)対策やCAを招いてのディスカッション、キャリア形成関連のレポート作成などを行っています。

学生を変える原動力は徳山大学のユニークな学びにあり

生涯にわたって"自分らしく生きる"力を身につける
eqトレーニング
TOPICS 01

早期から段階的に学ぶキャリアプランニング

1年次必修の「教養ゼミⅠ」では、キャリア関連の講義を導入。2年次の「キャリアプランニングⅠ・Ⅱ」では、自己分析や職業適性検査をもとに学生がキャリア計画を作成し, 業界を絞っていきます。また、大手資格予備校から講師を招いてのSPI問題演習などを行い、1年間に30コマをかけて、キャリアプランニングの基礎力を身につけます。
さらに3年次の「キャリアプランニングⅢ」では就職活動を行う業界、企業を決定した上で、4~6月の業界研究・時事問題テスト対策、ビジネス文書・メールや履歴書、エントリーシートの書き方、就業活動のマナー講座やグループディスカッション・グループ面接演習など具体的な対策を実施。万全の体制で就業活動に臨める実践力を身につけます。
topics01
TOPICS 02

3つの公務員講座で、4年間公務員志望者をサポート

大手資格予備校との提携による3コースの公務員講座を開講し、1年から4年の試験直前まで、段階的に学んでいくプログラムがあり(基礎講座:受講料無料)、公務員への就職が多いのも徳大の特徴のひとつ。2019年度卒業生は、全就職者182人に対して18人が公務員として就職し、約10人に1人の割合に。過去の卒業生は周南市役所、光市役所、北九州市消防、山口県警察、広島県警察、警視庁等幅広い地域で活躍しています。
topics02
TOPICS 03

3年生全員に向けた個別面談でマッチング

「キャリアプランニングⅢ」に加え3年生全員を対象に、5~7月には経験豊かな進路支援室スタッフが個別面談を実施。各学生の方向性を面談の中で見出し、エントリー開始までの間にやるべきことを話し合い、企業研究と自己分析のサポートをしっかりと行いながら、一人ひとりを手厚く徹底的にサポートします。
topics03
TOPICS 04

多彩なインターンシップ

地域に密着している徳山大学だからこそ、インターンシップ先も充実。山口県庁や周南市役所、山口市役所、光市役所、下松市役所、山口県警などの官公庁をはじめ、テレビ山口、山口放送、Kビジョン、シティケーブル周南など地元マスコミなどにも実績があり、就業経験を積むことが可能です。
TOPICS 05

"CASK"によるキャリア形成と"Wアドバイザー制度"

「CASK:Carrer Student Karte(キャスク)」には、学生一人ひとりのデータ(キャリア設計、アドバイザーのコメント、資格取得履歴など)が記録され、その情報をアドバイザーである教職員が共有・活用することで、きめ細やかで適切なキャリア形成支援が可能になっています。また「Wアドバイザー制度」とは、教員1名と職員1名がペアになって一人ひとりの学生を4年間サポートする制度。学生生活に関する悩みから就職まで、あらゆる相談に対応しています。
topics05