留学生地域定着支援プログラム

●目的

本プログラムを履修した外国人留学生が、地域の多文化共生に貢献するグローカル人材として成長することをめざす。また、大学の所在地である山口県、および周南圏域にて就職活動を行うことを推奨し、地域への長期定着を支援するものである。

●プログラムの全体像

本プログラムは、「地域に根ざし、地域の問題を地域とともに解決し、地域に愛され、地域に信頼され、『地域に輝く大学』となる」という大学のビジョンに基づき「地域を舞台にした教育」「人間力育成」「日本語教育支援」「キャリア支援」の4つのカテゴリからなる計22科目+複数の支援制度によって構成されている。

図1 プログラムの全体像と履修モデル
留学生地域定着支援プログラム

●プログラムの履修と修了要件

以下の要件をすべて満たした学生について、「留学生地域定着支援プログラム」修了を認定し、修了証明書を発行する。


【人間力育成科目】
 
「EQトレーニングⅠ」「EQトレーニングⅡ」から2単位の履修
【キャリア教育科目】
「アーリーエクスポージャー型インターンシップ」「ジョブ型インターンシップ」の履修
「キャリアプランニングⅠ・Ⅱ・Ⅲ」から4単位の履修
【日本語科目】   
「ビジネス日本語Ⅰ・Ⅱ」「中上級日本語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」「上級日本語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」から10単位の履修
【キャリア支援】
地域交流ゼミ(企業懇談会)への参加
  表 プログラム科目と内容一覧     

学びの内容 対応する科目
地域を舞台にした教育
(Community Based Learning)
地域課題の発見と解決を中心とするCBL(Community-Based Learning)型の学習を通じて、地域への理解と関心を深める 教養ゼミ
地域ゼミ
専門ゼミ(山口型PBL)
地域共創型インターンシップ
・アーリーエクスポージャー型インターンシップ
・ジョブ型インターンシップ
人間力育成 行動科学をベースに開発した診断やトレーニングを通じて、「自立した一人の人間として社会を力強く生きていく力」="人間力"を育てる、徳山大学独自の教育プログラム。キャリア形成の基礎となる総合的"人間力"を養成する EQ教育プログラム
・EQトレーニングⅠ
・EQトレーニングⅡ
・EQトレーニングⅢ
・行動マネジメント等
日本語教育支援 総合的な日本語能力の育成を通じて、汎用的なコミュニケーション能力の向上をめざす 中上級日本語Ⅰ
中上級日本語Ⅱ
中上級日本語Ⅲ
上級日本語Ⅰ
上級日本語Ⅱ
上級日本語Ⅲ
ビジネス日本語Ⅰ
ビジネス日本語Ⅱ
キャリア支援 「自分の価値や役割」を見出し、その「役割」をまっとうすることを通して、自分らしく生きる"ことを実現していく教育に加え、地域企業との連携による定着支援をおこなう キャリアプランニングⅠ・Ⅱ・Ⅲ
地域交流ゼミ(企業懇談会)
キャリア支援ガイダンス
地域業界別化キャリアアドバイザー