教員メッセージ

長澤 雅彦

知財開発コース

映像というツールを使い、
社会と自分の関係を考える

経済学部 教授

長澤 雅彦

Masahiko Nagasawa

(映像制作演習)

映像作品の企画立案からシナリオの書き方、編集作業に至るまで、さまざまな講義を担当していますが、僕の授業を通じて身につけてほしいのは、映像を創るうえでの"ものの考え方"。
例えばCMは、映画やドラマとは異なり、社会や経済と密接に関係しています。この15秒の映像には、企業のさまざまな考えやメッセージが詰まっているのです。
授業では、クリエイターとしてどのように表現するかだけではなく、何をアピールするのか、どうやって視聴者へメッセージを届けるのかといった、クライアント側の立場からも映像制作を学んでいきます。ドキュメンタリー制作を必修課題としている『専門ゼミ』でもそうですが、映像というツールを使って、社会と自分のつながりについて考えてほしいと思っています。

< PREV | NEXT >
  • 教員紹介

    徳山大学の教員を紹介!

    先生たちのプロフィール、
    ひと言メッセージも。

  • 教員メッセージ

    熱意ある教員、実践的かつ
    ユニークな講義!

    先生から受験生のみなさんへメッセージ!

  • センパイの声

    どんな大学生活が
    キミを待っているのかな?

    センパイたちの
    キャンパスライフレポート!

  • キャンパスドキュメント

    いちばん発見チャート!

    あなたにピッタリのコース・専攻を見つけよう!