徳山大学独自奨学金制度

 学ぶ意欲のある学生を応援するために、返還の必要のない徳山大学独自の奨学金制度を用意しています。入試制度、家庭状況などに応じて、各種ご活用ください。

  • 徳山大学特別奨学生制度
  •  「地域社会を支える人材育成」を目的とする奨学生制度。センター試験利用入試Ⅰ~Ⅲ期もしくは一般入試Ⅰ期での受験者を対象とし、センター試験の成績(5教科5科目)で選考する『センター型』と、一般入試Ⅰ期試験での2科目の成績で選考する『一般入試型』の2種類があります。採用された場合は、下記の特典を与えます。

    特典 アドバンスト 学納金相当額免除(原則4年間)
    スタンダード 学納金半額相当額免除(原則4年間)
    ベーシック 入学金相当額免除

    ⇒奨学生の詳細についてはこちら



  • 地域貢献型奨学生制度
  •  「地域を支える人材育成」を目的とする奨学生制度。一般推薦入試Ⅰ期・Ⅱ期において、奨学生希望者を対象に、「地域貢献」をテーマにした小論文・面接を課します。採用された場合は、下記の特典を与えます。

    特典 入学金・施設費相当額免除(原則4年間)
    入学金相当額免除

    ⇒奨学生の詳細についてはこちら



  • 福祉情報学部指定校奨学生制度
  •  福祉情報学部を、特別推薦入試C(指定校推薦)Ⅰ期〜Ⅲ期にて受験し、合格したものを対象とした奨学生制度。 合格者に対して、入学金・施設費相当額を免除します。(原則4年間)



  • 知財開発コース奨学生制度
  •  マンガ・アニメ等において、優秀な能力をもった学生の入学を促すことを目的とする奨学生制度。知財開発コース受験生のうち、高校在学中、本学主催の「マンガ・イラストコンテスト」に入賞した者を奨学生対象とします。 採用された場合は、各賞に対して学納金半額相当額、入学金・施設費または入学金相当額を免除します。(原則4年間)



  • 父子・母子家庭特別支援奨学生制度  ※新入生を対象
  •  父子・母子家庭の子女を対象とした制度。経済的な負担を軽減することによって進学を果たし、意欲ある学生が社会で活躍できるように支援することを目的としています。 家庭の収入・成績基準があり、事前審査を行います。出願前に詳細を入試室までお問い合わせください。 採用された場合は、授業料半額相当額免除、保護者が周南市在住の場合は、周南市補助金と合わせて、授業料全額相当額免除となります(採用人数 3名)。(原則4年間)

    ※ 審査基準

    ① 父子・母子家庭の子女 ② 世帯年間収入が300万円以下の者
    ③ 高校の全体の評定平均値が3.2以上の者 ④ 保護者が周南市在住の者(周南市補助のみ)


  • 卒業生子女・兄弟姉妹奨学生制度
  •  本学卒業生の子女に対し、入学金相当額を免除します。 また、本学在学生および卒業生の兄弟・姉妹に入学金半額相当額を免除します。



  • 沖縄県出身者奨学生制度
  •  沖縄県出身者で同県内高校を卒業した者を対象とした制度。採用された場合は、入学金相当額を免除します。



  • シニア世代特別支援奨学生制度
  •  学習意欲のあるシニア世代(平成30年4月1日時点で50歳以上)を支援する制度。人物本位(AO)入試で受験した者を対象。採用された場合は、授業料半額相当額を免除します。(原則4年間)


    徳山大学入試室
     TEL : 0834-28-5302(直)
     メール: nyushi@tokuyama-u.ac.jp

    ■徳山大学独自奨学生制度の併用はできません。

東日本大震災被災者対象の奨学支援制度

 東日本大震災によって、経済的・社会的困難な状況に陥っている大学生・受験生に対する支援制度です。


 詳細はこちら

私費外国人留学生学習奨励費給付制度

 本学の正規留学生は、AIEJ(財団法人日本国際教育協会)の学習奨励費を大学をとおして受給することができます。対象者は、学業、人物ともに優れ、かつ経済的な理由で修学が困難だと認められる者。申請が認められると月額4万8千円が給付されます。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 在学生の皆様へ >