学生生活サポート

アドバイザーとオフィスアワー

 徳山大学では、2000年度から1年生を担当するアドバイザー(学習指導教員)制度および全教員によるオフィスアワー制度(決められた時間に先生が研究室にいて予約なしに相談に応じる)を設けて、学生のみなさんの相談について教員が直接対応する「場」を設けました。
 また、2002年には、Wアドバイザー制度を新たに設けました。
 学生のみなさんは、授業の履修方法や授業内容の質問、あるいは進路についてなど、教員との相談が必要になったことはありませんか。大学は高校までとは違って、クラスに分かれて、担任の先生から学習上・生活上などの細かい指示や援助が与えられることなく、基本的には学生の皆さんが、それぞれ独自の判断で行動することになります。しかし、その環境に慣れるためにはしばらく時間がかかります。そこで本学では、新入生の皆さんの相談に応じるアドバイザー制度と全学年を対象にした、オフィスアワー制度を設けました。
 アドバイザーは入学から卒業までの学生の様々な喜び・悩み・迷い・困難・判断などについて、「親身」になって相談に応じる親代わりの先生です。人生に一度しかない学生生活・青春時代を有意義かつ楽しいものにするためにも、この制度を利用してください。先生方は、みなさんの来室を待っています。

●アドバイザー制度
  1. 教養ゼミⅠの時間を利用し円滑に学生生活を送れるよう助言を行います。
  2. 履修方法等、学修に関する助言を行います。
  3. 奨学金、将来の就職、進学などの助言を行います。
  4. その他大学生活に関する助言を行います。
    教養ゼミの担当教員がアドバイザーになりますが、担当以外の先生を訪問してもかまいません。
●Wアドバイザー制度

 教員と職員がペアになって、一人の学生をサポートする制度です。卒業までの4年間を通じて、学生生活のあらゆる相談にのってくれます。

●オフィスアワー制度

 オフィスアワーとは、教員が各自の研究室に在室している時間のことです。この時間には、アドバイザーや専門ゼミの先生に限らず、どの先生でも授業のことや学生生活に関することなど相談に応じます。

「CASK」によるキャリア形成支援

 キャリア形成支援学生データベース「CASK:Career Student Karte(キャスク)」には、キャンパスライフにかかわる学生一人ひとりのデータ   EQトレーニングの結果や取得単位数、キャリア設計に対する抱負、アドバイザーのコメント、資格取得履歴など   を記録することができ、その情報をWアドバイザーである教職員が共有・活用することで、よりきめ細やかで適切なキャリア形成支援が可能になっています。
 また、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能や、就職情報ポータルサイトとの連携など、学生自身の就職活動を効率化する機能も備えています。
 さらに、「e-キャリアポートフォリオ」機能を利用すれば、大学4年間の活動実績の蓄積が反映された学生自身の履歴書が自動生成され、エントリーシート作成がスムーズになり、将来に向けてのキャリアプランを考える強力なバックアップツールとなります。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 在学生の皆様へ >