オンライン学生授業評価

大学の授業をより充実したものにするため、学生から授業の感想と評価を聞くのが「学生授業評価」です。本学では2005年に、全国の大学に先駆け、これをオンラインで実施し、結果をリアルタイムで集計するシステムを開発・活用してきました。そして2008年度よりその結果を、学生評価に対する担当教員の「コメント」と「授業改善目標」とともに、大学構内のすべてのコンピュータに公開することにしました。

新たな授業評価へ

一方、2014年度、徳山大学は文部科学省の推進する「大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択され、「アクティブラーニング (AL)」推進のパイロット校として、新たな教育改革を実施していくことになりました。この事業の一環として、今年度より従来のアンケート項目が一新されます。項目は大別すると、①各授業のAL度に対する学生目線での評価29問(加えて、従来の評価項目から厳選して残された7つの設問)、及び、②学生各自がALにどの程度参画したかの自己評価29問、の2点になります。これらの質問への回答結果は集計・分析され、次年度以降の(ALを中心とする)講義改革に役立てられます。

学生の皆さんへ


1.

ログイン画面から「ユーザ名(学籍番号)」及び「パスワード」を入力すると、選択している授業の一覧が表示されます。すべての授業に対し、上記①②の2タイプの評価を実施してください。

2.

授業評価への回答は無記名で行います。「学籍番号」と「パスワード」は、その科目の受講生であることの確認に利用されます。個別の回答内容を授業担当教員が知ることは一切ありません。

3.

7項目に関する評価結果(上記①の付加部分)は、後日学内に公開されます。次年度以降の履修計画を立てる上での参考にしてください。


現在回答期間外のためご利用いただけません

教員の皆さんへ


1.

ログイン画面から「ユーザ名」及び「パスワード」を入力すると、7項目(プラス自由記述)に関する評価結果閲覧ページに入ります。担当科目に対する授業評価結果を確認してください。

2.

「授業評価実施状況」ボタンを押すと、各科目に対する評価実施状況が確認できます。

3.

「コメント・授業改善目標」ボタンを押すと、記入用フォームが表示されます。「コメント」欄と「授業改善目標」欄に必ず記入してください。全般的な記述でも、担当科目別の記述でもかまいません。

コメント: 学生の授業評価結果をどのように捉えるか、意見を記入します。

授業評価の詳細、教員コメントはこちらからご覧頂けます

授業評価結果学内公開

徳山大学アクティブ・ラーニング研究所(TUAL)

http://www.tokuyama-u.ac.jp/about/tual/

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 在学生の皆様へ >