COC / トピック

2015/10/06

徳山大学が、新たな「地(知)の拠点(COC)」に認定されました
平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」(文部科学省)

本年度文部科学省は、地域における複数の大学が、地方公共団体・企業・NPOや民間団体等と協働しつつ、地域雇用創出や地元就職率の向上をとおして地方への人口集積を推進する事業(COC+事業)を公募しました。山口県からは、県内の8大学3高専が協力し、山口大学が中核(COC+大学)となって「やまぐち未来創生人材育成・定着促進事業」を申請し、採択を受けました。

一方、本公募には、COC+大学として地域全体を取りまとめるのが困難でも、過去の「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」への申請で準備を進め、今回COC+事業の一部として、優れた全学的カリキュラム改革を提案する大学は、新たなCOC大学」として認定する、という付帯事項があり、それに基づいて本学が提案した「地と知によるやまぐち地域人材循環事業」によって、徳山大学は新たな「地(知)の拠点(COC)」大学に認定されました。

  • ※ 地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能(COC機能)強化を図ることを目的とし、自治体と連携して全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める大学を支援する事業(採択された大学をCOC大学と呼ぶ)。

これを受け、平成27年10月2日(金)13時30分から周南市庁舎おいて、木村健一郎周南市長、岡野啓介徳山大学学長が出席し、「徳山大学COC認定」についての記者会見がおこなわれました。

会見では、まず木村市長から、「徳山大学がCOC大学として認定されたことは、本市としても誠に心強く、地元企業等とも連携しながら、若者の地元就職率アップ、ひいては、地元定着を推進する取り組みを『共に』進めていきたいと思っています」という、強い意を込めた挨拶がありました。その後、岡野学長から山口大学と連携した徳山大学COC事業の概要について説明があり、「山口県東部における地域創生のために、地域と連携しながら本学のシーズを活かした事業を展開し、人材育成、若者の域内就職率の向

上に努めます」と、事業目標の達成に向けた決意が述べられました。

《事業目標:事業終了年度(2019)に向けた「地域活性化・地域人材循環」への目標》

  • ① 県内就職率の向上 : 41% ( 2014 ) ➡ 15% 以上増加
  • ② コミュニティビジネス、 6 次産業化、福祉ビジネス等を活かした起業支援

➡ 起業 3 件、新規雇用創出 5 名

  • ③ 入学生の県内比率増加 : 23% ( 2014 )➡ 10% 以上の増加
  • ④ 地域課題の発見と解決をテーマとする「課題解決型学習」の全学的推進と、それをとおした地域活性化への寄与

《人材育成目標》

徳山大学COC事業概要  ➡

http://www.tokuyama-u.ac.jp/news/images/2015/tu_coc_project_summary.pdf

山口大学COC+事業概要 ➡  http://www.yamaguchi-u.ac.jp/weeklynews/2015/_4505.html
平成29年度文部科学省 私立大学研究ブランディング事業 WELLNESS CITY SHUNAN
徳山大学が、新たな「地(知)の拠点(COC)」に認定されました<br/> 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」(文部科学省)
EQ教育プログラム
TUAL
地域 × 徳大
50周年に向けて
キャンパスドキュメント
TOKUDAI SPOT MEDIA INFORMATION
地域ゼミPROJECT
「本学に入学を決めた理由」
「福祉で活躍するセンパイの想い」

TOKUDAI MOBILE & SMART APP