トピック

2019/12/19

本学学生・教員(心理学専攻)が「周南ゆめ物語~かがくスクウェア2019~」に出展!

 12月8日(日)、下松タウンセンターにて開催された「周南ゆめ物語~かがくスクウェア2019~」(主催:周南ゆめ物語実行委員会、共催:長州科楽維新プロジェクト運営委員会・山口大学)に、本学福祉情報学部の心理学専攻教員4名と学生ボランティア11名(心理学専攻学生4名・心理学系科目受講生7名)が心理学体験ブースを出展しました。

 「かがくスクウェア」の目的は、科学の面白さや魅力を次世代を担う子どもたちに伝えること!本学のブース①「からくりハウスを作ってみよう!」では、室内の人間の大きさが劇的に変化したような錯覚現象を引きおこす「エイムズの部屋」のミニ模型を子どもたちと一緒に工作しました。

 ブース②「ウソ発見器のヒミツを知ろう!」では、犯罪捜査にも使われる「皮膚電気活動測定装置」を使って実験デモ体験を行いました。

 当日は、非常に多くのご家族に訪れていただき、心理学を通して子どもたちに科学の面白さ・魅力を伝えることができました。

 出展に際し、本学の地域連携センター、入試室、情報教育支援室、総務課、エクステンションセンターより後援を頂きました。当日、本学のブースにご来場いただいた地域の皆様、そして後援頂いた関係部署の方々に、この場を借りて御礼申し上げます。

高等教育修学支援新制度
平成29年度文部科学省 私立大学研究ブランディング事業 WELLNESS CITY SHUNAN
徳山大学が、新たな「地(知)の拠点(COC)」に認定されました<br/> 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」(文部科学省)
徳山大学インターネット出願
徳山大学合否結果確認
EQ教育プログラム
TUAL
地域 × 徳大
50周年に向けて
TOKUDAI SPOT MEDIA INFORMATION
地域ゼミPROJECT
「本学に入学を決めた理由」
「福祉で活躍するセンパイの想い」

TOKUDAI MOBILE & SMART APP