お知らせ

2020/10/09

弘兼憲史先生の特別講義を行いました

10月9日(金)に岩国市出身で本学客員教授の弘兼憲史先生による特別講義を行いました。弘兼先生は代表作『島耕作』シリーズで有名な日本を代表する漫画家ですが、毎年東京から来られて知財開発コースの学生にプロの世界を教えてもらっています。

特別講義パート1では、漫画とは「対象をデフォルメしてわかりやすく、面白おかしく視覚に訴えて、大衆に愛されるモノ」として、

・日本最古の漫画が法隆寺の落書きだった

・江戸時代の浮世絵師歌川国芳の作品でスカイツリーを予見していた!?という逸話

・日本漫画文化を作った3つの背景(①トキワ荘と手塚治虫、➁団塊の世代、③大手出版社)

など、歴史の中でマンガ文化が発展してきたと解説されました。

特別講義パート2では、漫画制作の現場として弘兼先生の1日を紹介いただき、

・73歳になった今でも睡眠時間4-5時間で制作に打ち込まれており「漫画家は大変で地道な仕事だ」であること

・編集者との人間関係の大切さや、新人の頃から現在も映画をたくさん見てアイデアにつなげているといった裏話

など語られました。

IMG_0175.JPG

IMG_0169.JPGIMG_0165.JPG

高等教育修学支援新制度
平成29年度文部科学省 私立大学研究ブランディング事業 WELLNESS CITY SHUNAN
徳山大学が、新たな「地(知)の拠点(COC)」に認定されました<br/> 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」(文部科学省)
徳山大学インターネット出願
徳山大学合否結果確認
EQ教育プログラム
TUAL
地域 × 徳大
50周年に向けて
TOKUDAI SPOT MEDIA INFORMATION
地域ゼミPROJECT
「本学に入学を決めた理由」
「福祉で活躍するセンパイの想い」

TOKUDAI MOBILE & SMART APP