●第9号

題 目 執筆者名
A Brief Summary on the Theories of Micro Economics and their Technical Systems 平山 政市
退職一時金・年金制度 ―現状と問題点をみる― 是佐 忠男
参議院の存在理由 松尾  直
シジュウィック・グリーン・ラシュダール 八田 善穂
微視分析的理論を中心とした近代雇傭理論の学説史的再検討(Ⅱ) 林田 睦次
徳山大学生の体格とスポーツテストに関する調査研究(調査) 佐藤 正春
佐藤 貞雄
佐藤 英雄
榊  康守
高倉 正樹

●第8号

題 目 執筆者名
双方独占下の賃金決定 中谷 孝久
微視分析的理論を中心とした近代雇傭理論の学説史的再検討(Ⅰ) 林田 睦次
ヤスパースの科学論 八田 善穂
企業に於ける賃金計画と企業金融の重要性 小坂 清弘

●第7号

題 目 執筆者名
公の営造物の瑕疵についての国家賠償 松尾  直
自浄其意 ―道元哲学の倫理的側面( 3 ) 田村 武夫
板石塔婆の成立と展開 播磨 定男
大正末期における政治過程(遺稿) 森本 修司
パティンキン・マクロモデルの安定性について 佐久間 敬
徳山大学学生の体力に関する調査研究( 2 )(調査) 辻村 広志

●第6号

題 目 執筆者名
国の不法行為責任 松尾  直
税法における課税物件の帰属 小山 威倫
幼児教育の現代的課題に関する考察 井上 和幸

●第5号

題 目 執筆者名
17 世紀のイギリス経済思想 ―植民思想を中心にして― 佐原 昌弘
税法における実質課税の原則 小山 威倫
衆善奉行 ―道元哲学の倫理的側面( 2 )― 田村 武夫
スポーツに関する住民意識調査 辻村 広志
江戸幕府の御料巡見使 播磨 定男

●第4号

題 目 執筆者名
フランスにおける議会の財政に関する権限 松尾  直
税法における租税法律主義 小山 威倫
創造性と教育 井上 和幸
巡見使の派遣をめぐって 播磨 定男
人間吉田松陰 山中 鉄三
スポーツと政治 辻村 広志

●第3号

題 目 執筆者名
ジョン・ミルトンの教育思想について  ―教育論を中心として― 芳賀  守
税務調査における質問検査権 小山 威倫
国会の権限における予算と決算 松尾  直
戦争権と良心の自由  ―合衆国の兵役免除法制をめぐって― 滝沢 信彦
「諸悪莫作」の倫理 ―道元哲学の倫理的側面― 田村 武夫
寛永期における代官の恣意抑制について 播磨 定男
双方独占モデルにおける賃金決定について 中谷 孝久
鉄鋼業における不況カルテル 水川  侑

●第2号

題 目 執筆者名
チェインバレンとファーミンについて 芳賀  守
経済学における弾力性概念と伸縮性概念 林田 睦次
明治期の中小企業 大西 昭生
GM 社の資本蓄積様式 水川  侑
法人税上の個別事例に対する批判 小山 威倫
国会による予算の修正 松尾  直
良心的兵役拒否における良心の問題 滝沢 信彦
正徳の改貨政策 播磨 定男
イギリス重商主義期における通商条約 佐原 昌弘
島嶼部落解体の過程 ―萩市羽島の場合― (資料) 脇  英夫

●第1号

題 目 執筆者名
行動科学としての経済学における弾力性係数システム 平山 政市
ケインズ体系における価格理論の地位とその問題点 林田 睦次
明治維新における地租改正について 中村 郁三
判例よりみた税制の権利確定主義 小山 威倫
生産物差別化についての一考察 水川  侑
1882 年為替手形法成立史序説 中谷 光隆
分布理論における日本の国際貿易依存集中度について 中谷 孝久
国会の予算議決権 松尾  直
良心的兵役拒否における抵抗の原理 滝沢 信彦
ハドロンの相対論的複合粒子模型 藤村 公男

TOKUDAI MOBILE & SMART APP