Faculty of Welfare and Information
Department of Human Communication

福祉情報学部 人間コミュニケーション学科

心理学専攻

心理学に関する基礎的な分野の知識を
ベースに社会生活で活かせる
ヒューマンスキルを取得

 家族、学校、企業、地域コミュニティ、そして、コンピュータ・ネットワーク......。現代社会では、さまざま局面において「他者とのつながり」が存在します。
 心理学専攻では、そんな"人間同士のつながり、特にコミュニケーションのメカニズムとその背景にある人間の心"をベースに、自己を理解し制御する能力、他者と協働するためのコミュニケーション力、そして、課題発見と解決能力など、社会生活のあらゆる場面で役立つヒューマンスキルを身につけます。
 知覚、行動、認知、コミュニケーションなど、多岐にわたる心理学の専門分野について、基礎的な講義のほか、さまざまな実験手法・測定方法を用いた実習形式の授業を通して深く学びます。
 こうした学びで培った知識や手法は、「使いやすい製品の企画・開発」や「ヒット商品の分析・評価」「生徒や部下をやる気にさせる教育・指導」「異なる文化や社会に生きる人との相互理解と共生」など、社会のさまざまな企業活動、教育活動、福祉活動などに活かしていくことができます。

心理学専攻 心理学専攻
中心となるカリキュラム めざせる資格 主な就職先・進路
行動マネジメント/問題発見と解決/人間関係論/行動分析学/知覚心理学/心理学研究法/心理学実験実習/認知心理学/意思決定科学/異文化コミュニケーションなど 認定心理士/基本情報技術者/ITストラテジスト/ITパスポート/福祉情報技術コーディネーター/マルチメディア検定/CG検定/高等学校教諭一種免許状(情報・福祉)/医療事務 など 一般企業(製品の企画開発、商品の分析評価、説得コミュニケーション術を活かした営業職)/高等学校教員 など

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME >