Faculty of Welfare and Information
Department of Human Communication

福祉情報学部 人間コミュニケーション学科

健康福祉専攻

「介護予防」の考え方を基盤に、健康的な
社会づくりに貢献できる人材を育成

「介護予防」とは、健康的な生活と適切な運動により、人が要介護になるのを未然に防ぐこと。健康福祉専攻では、この介護予防の考え方を基盤に、高齢者や障害者に対して健康指導を行ったり、スポーツの楽しさを伝えることのできる"健康とスポーツの専門家"育成を教育の目標としています。
 資格としては、公認スポーツ指導者や健康運動実践指導者、公認障害者スポーツ指導員(初級・中級)といった健康・スポーツ系の専門資格のほか、「福祉・情報」の高等学校教員免許状、福祉情報技術コーディネーターなどが取得可能です。
 今後、さらなる成長が見込まれる健康・福祉・スポーツ産業で活躍するための確かな理論と技術を身につけることができます。

健康福祉専攻 健康福祉専攻
中心となるカリキュラム めざせる資格 主な就職先・進路
トレーニング科学/運動指導論/運動生理学/スポーツ心理学/スポーツ社会学/スポーツ栄養学/レクリエーション/スポーツ医学/健康づくり運動と理論/スポーツマネジメント など 公認スポーツ指導者/健康運動実践指導者/公認障害者初級・中級スポーツ指導員/高等学校教諭一種(福祉・情報) など 福祉施設(高齢者福祉施設、児童福祉施設、障害児・者福祉施設など)/健康増進センター/フィットネスクラブ/健康関連企業/病院・医院/高等学校教員/一般企業 など

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME >