Faculty of Welfare and Information
Department of Human Communication

福祉情報学部 人間コミュニケーション学科

健康福祉専攻

生涯スポーツの実践指導を通して
介護・福祉の基礎知識と実践力を
備えた人材を育成

 少子高齢化が加速する現代社会の課題を解決するため、全国で地域包括ケアシステムの構築が進められており、その中で重要となるのが、地域コミュニティが一体となって推進する「生活支援・介護予防」です。生涯スポーツ専攻では、その役割を担うために必要となる、スポーツ科学・介護・福祉の広範囲の基礎知識と実践力を備えた人材の育成を教育の目標としています。
 資格としては、健康運動実践指導者や介護職員初任者研修、社会福祉士受験資格などが取得可能です。
 研究ブランディング事業の成果を背景とする高度で実践的な学びの場において、健康運動やレクリエーションの実践指導と地域課題解決によるアクティブラーニングを通して「課題解決のための方法論」を養うことで、社会で役立つ"真の力"を身につけることができます。

健康福祉専攻 健康福祉専攻
1年次 2年次 3年次 4年次 めざせる資格
総合科目
健康とスポーツ科学
スポーツ実践Ⅰ
陸上運動Ⅰ
水中運動
スポーツ実践Ⅱ
レクリエーション
エアロビック運動
トレーニング科学Ⅰ
健康運動演習
トレーニング科学Ⅱ
主学科専門科目 生涯スポーツ
スポーツ心理学
解剖生理学
体力測定と評価
健康管理概論
運動生理学Ⅰ
スポーツバイオメカニクス
救急処置法
スポーツ栄養学
運動による健康づくりのための実践的ノウハウを学ぶ
健康運動実践指導者
レクリエーション論
レクリエーション演習
レクリエーション実習
※健康運動演習(総合科目)の履修も必須
幼児から高齢者までの幅広い対象への遊びの指導スキルを身につける
レクリエーションインストラクター
運動指導論Ⅰ
スポーツ社会学
アダプテッド・スポーツ論
健康づくり運動と理論
介護予防と生涯スポーツ
運動指導論Ⅱ
地域スポーツ経営論
スポーツマネジメント
スポーツ医学
介護予防運動実践演習
経済学部ビジネス戦略学科スポーツマネジメントコース開講科目の履修による
障がい者スポーツ指導員(初級・中級)/スポーツリーダー/アシスタントマネジャー
共通基礎科目
福祉入門
福祉情報論Ⅰ
福祉情報論Ⅱ
現代社会と福祉Ⅰ
現代社会と福祉Ⅱ
専門ゼミⅠ
専門ゼミⅡ
中心となるカリキュラム めざせる資格 主な就職先・進路
介護予防と生涯スポーツ/レクリエーション論/トレーニング科学/健康管理概論/地域スポーツ経営論/スポーツマネジメント/運動生理学/スポーツ社会学/スポーツ心理学/SNS活用と地域課題解決/現代社会と福祉/高齢者に対する支援と介護保険制度/行動マネジメント など 健康運動実践指導者/レクリエーションインストラクター/公認障がい者スポーツ指導員(初級・中級)/介護職員初任者研修/社会福祉士国家受験資格 など フィットネスクラブ/キッズ体育教室/病院・デイサービスセンター/福祉関連の団体や企業/公務員/一般企業 など

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME >