Faculty of Economics
Department of Contemporary Economics

経済学部 現代経済学科

fe_ce2_title3.gif

"投資"の意味とそのしくみ、
そして、リスク管理の手法を学ぶ。

インターネットを利用した株式売買の普及により、一般の人にも身近なものになりつつある"投資"という行動。しかし、"投資"には必ず"リスク"がつきまといます。このコースでは、単なるマネーゲームではない、本当の"投資"の意味を学びます。

 企業や個人が経済活動を行うには、その元手となる資金が必要です。その資金をどこからどのように調達するのか。そして、その資金をいかに効率的に運用し、利益を生んでいくか。ファイナンスコースでは、そのような経済活動における資金の調達と運用、リスク管理の手法について学んでいきます。
 講義では、経済学の基礎から、証券や投資、簿記、会計、年金、保険などについて理論的に学ぶほか、疑似体験を通じて実際の投資行動についても学習。企業の財務・経理・会計業務だけでなく、個人の資産運用、保険・年金の設計などにも役立つ力を身につけることができます。
 金融や財政の分野で、プロフェッショナルとして活躍したい人におすすめのコースです。

ファイナンスコース ファイナンスコース

ファイナンスコースの主要分野

ファイナンスには、家計、企業、公共機関に関連する下記3つの分野があります。

●パーソナルファイナンス

個人の資金調達・管理について学びます。『ファイナンス入門』の講義では、キャッシュフロー表の作成など、具体的なお金の管理の演習を行います。

●コーポレートファイナンス

企業の資金調達・運用、金融商品の特徴などについて学びます。企業の経理・財務部門で活躍するビジネスパーソンをめざす人には必須の科目です。

●パブリックファイナンス

国や地方公共団体の資金調達や租税制度などについて学びます。『財政学』『公共経済学』という科目名で開講しています。

中心となるカリキュラム めざせる資格 主な就職先・進路
ファイナンス入門/金融論/国際金融論/コーポレートファイナンス/資産運用論/財政学/地方財政論/証券投資の技術/証券市場論 など 中学校教諭一種免許状(社会)/高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)/会計士/税理士/簿記検定/ファイナンシャルプランニング技能士/経済学検定など 会計士・税理士事務所/企業の会計・経理業務/個人や中小企業の資産相談業務/ファイナンシャルプランナー/銀行/保険会社/証券会社/公務員 など
  • 教員メッセージ

    経済学部 准教授

    坂本 勲

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME >