Faculty of Economics
Department of Business Strategy

経済学部 ビジネス戦略学科

スポーツマネジメントコース

経営学と体育学、
双方の視点からスポーツを学ぶ。

オリンピックやサッカーW杯、野球のWBCなど、スポーツは今や世界的規模で展開されるビッグビジネスとなっています。スポーツマネジメントコースでは、経営学の視点からスポーツにアプローチし、次代のスポーツ文化を創造できる人材を育成します。

 全国レベルで活躍するスポーツ系クラブが多く、スポーツに秀でた学生、スポーツが好きな学生が数多く在籍する徳山大学ならではのコースが、このスポーツマネジメントコースです。通常の経済学部にはない「体育学」系の科目群のほか、スポーツビジネス関連の科目も数多く設置されており、スポーツを"する"だけでなく、スポーツを"将来の仕事に結びつける"ための教育を展開しています。
 また、「保健体育」と「商業」の教員免許状が取得できるほか、公認スポーツ指導者、健康運動実践指導者、健康運動指導士、公認障害者スポーツ指導員(初級・中級)などのスポーツ系資格も取得可能です。
 スポーツ経験者はもちろん、スポーツ未経験者でも「スポーツが好き!」という気持ちさえあれば大歓迎です。

スポーツマネジメントコース スポーツマネジメントコース

カリキュラムの特徴

経済学・経営学×体育学→スポーツマネジメントの専門家

スポーツマネジメントコースでは、経済・経営学とともに体育学を学び、「経営学に精通した体育の専門家」となれるカリキュラムが構成されています。幅広い科目群から自らのめざす将来に応じた科目を履修し、「プロフェッショナル資質(職業人としての専門性)」と「アカデミック資質(経済学士としての専門性)」を身につけていきます。

カリキュラムの特徴
カリキュラムの表
3年次に設置されている演習の内容
演習名 目標・資格 学修内容
スポーツマネジメント演習Ⅰ・Ⅱ スポーツマネジメント・ビジネスの専門家 スポーツ活動を円滑に行うためのマネジメント技術、ビジネスとして成立させるための知識や技術を学ぶ。
保健体育科教育学演習Ⅰ・Ⅱ 中学・高校保健体育科教員 中学校・高等学校における保健体育科教員をめざし、教員として必要な知識や技術を学ぶ。
スポーツ科学演習Ⅰ・Ⅱ 健康運動指導士/健康運動実践指導者/障害者スポーツ指導員 健康運動分野における指導者をめざし、健康の維持増進のための科学的なアプローチを行うために必要な知識や技術を学ぶ。
コーチング演習Ⅰ・Ⅱ 各種スポーツの指導者/公認スポーツ指導者 各種スポーツ団体などの審判資格やコーチ資格の取得をめざし、スポーツ活動におけるプレーヤー、指導者に必要な知識や技術を学ぶ。
中心となるカリキュラム めざせる資格 主な就職先・進路
運動生理学/スポーツ心理学/スポーツバイオメカニクス/運動指導論/スポーツ社会学/スポーツマネジメント/スポーツマーケティング論/地域スポーツ経営論/スポーツ産業論 など 中学校教諭一種免許状(保健体育)/高等学校教諭一種免許状(保健体育・商業)/公認スポーツ指導者/健康運動指導士/健康運動実践指導者/公認障害者初級・中級スポーツ指導員 など スポーツ指導者/スポーツコーディネーター/スポーツ選手/福祉関連施設/フィットネスクラブ/スポーツ関連企業/スポーツイベントの企画・制作/中学校教員/高等学校教員 など

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME >