大学が地域とともにあることは、
周南市民の“市民力”アップにも
大きな力になります。

<周南市長> 1952年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、司法書士・行政書士開業。徳山商工会議所青年部会長、山口県議会議員などを経て、2011年5月より周南市長。

大学の活動が地域の活性化に
役立つということが評価されて
はじめて、地域に輝く大学に
なれるのだと思います。

<徳山大学 学長> 1949年、大阪府生まれ。早稲田大学理工学部卒業、同大学院博士課程修了。ドイツ・ジーゲン大学助手、徳山大学教授などを経て、2010年4月より徳山大学学長。

地域とのつながりを大事にする伝統が
今も受け継がれていることを
嬉しく思っています。

<和田山企画 代表> 1964年、山口市生まれ。徳山大学経済学部卒業後、新周南新聞社にて記者として活躍。その後、独立し、個人事務所「和田山企画」を設立。現在は映画コメンテーター、ディレクター、ライターなどとして活動中。

DISCUSSION & MODERATOR
MEMBER PROFILE

  • 木村 健一郎 市長

    Kenichiro
    Kimura

  • 岡野 啓介 学長

    Keisuke
    Okano

  • 大橋 広宣 さん

    Hironobu
    Ohashi

    司会を務めたのはこの方!
MENU

「学長×市長」スペシャル対談

地域に学び、地域に輝く 周南市とともに歩む徳山大学の挑戦

DISCUSSION 004

周南の地にある徳山大学で充実した大学生活を

── そのほか、徳山大学では近年、キャリア教育にも力を入れていますが、そのねらいと具体的な取り組みを教えてください。

キャリア教育は単なる出口(就職)指導ではありません。自分の能力と役割を正確に把握し、その役割の遂行を通して自分らしい生き方を見つけていく。そのプロセスがキャリア形成で、その手助けをするのがキャリア教育です。本学では、このキャリア形成に必要となる基礎力を育てる教育として、EQ教育を置いています。また、1年次必修の「教養ゼミ」では、かなりの部分をキャリア教育に費やします。そのうえで、問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)に必要となる基礎力(PBLリテラシー)を身につけ、2年次の地域課題をテーマとするAL「地域ゼミ」、そして、3・4年次の専門知識を活かした本格的PBL「専門ゼミ」へとつなげていきます。地域に視点を置きつつ、4年間の継続的な学びとして、キャリア形成を進めていくのが、本学キャリア教育の特徴です。

EQ教育は徳山大学の特徴的な取り組みですよね。EQ教育という言葉自体、当初は聞き慣れないものでしたが、今では"徳山大学といえばEQ教育"というイメージも浸透してきたように思います。

EQ教育の難しさは、一過性のものではダメだということです。1年次に『EQトレーニングⅠ』を体験してそれで終わり、というのでは学生の本当の力にはなりません。そこで本学では、キャリア形成支援学生データベース「CASK: Career Student Karte(キャスク)」を導入し、この中に自分の学習履歴を蓄積したり、アドバイザーの教員とコメントのやりとりをしたり、4年次にこれらのデータをもとにエントリーシートを作成したりできる環境を整備しました。こうしたシステムで、いわゆる出口指導だけではない、4年間の継続的なキャリア形成支援を行っています。

なるほど。個性を伸ばし、人間力豊かな人材を育てるという教育は建学以来の徳山大学の伝統ですが、それが最新の情報システムと融合してさらに充実していることがよくわかります。「どんな教育をするか」「どんな人材を育てるか」という理念・方針がしっかりしているから今の徳山大学があるのだと、学長のお話を聞きながら感じました。

── 最後にお2人から、徳山大学で学びたいと考えている受験生のみなさんにメッセージをお願いします。

徳山大学が育てたい人間像を表すものに「何かに"いちばん"の自分がいる」というキャッチフレーズがあります。徳山大学には、経済学やビジネス、福祉といった学問だけでなく、マンガ・アニメやスポーツ、心理など、多彩なコース・専攻が設けられています。ぜひこうした学びの中から自分だけの"いちばん"を見つけて、それを周南市の活性化に役立ててほしいと思います。

周南市は、海や山、川、里などの豊かな自然と温暖な気候に恵まれた土地。産業も第一次産業から第二次産業、第三次産業までまんべんなく揃っており、非常にバランスのとれた街です。そして私としては、この街をもっともっと若者が活躍できる街にしていきたいと思っています。ぜひこの周南市での4年間、勉学にスポーツに遊びにと、いろいろなことにチャレンジして、素敵な青春時代を過ごしていただけることを願っています。

司会を務めたのはこの方!

2013年に公開講座『地域と産業』で木村市長が講師を務めたなどの経緯もあり、和やかな雰囲気のもとで行われたこの日の「市長×学長スペシャル対談」。
その司会・進行役を務めたのは、徳山大学の卒業生であり、山口県を中心に映画コメンテーター、ディレクター、ライターとして活躍中の大橋広宣さん。
木村市長、岡野学長とも旧知の間柄である大橋さんは、ご自身の学生時代のエピソードも交えながら、この対談を大いに盛り上げてくださいました。

周南市で生きていくことを
決意させてくれた徳山大学での学び

大学時代の思い出として記憶に残っているのは、教養ゼミの活動で福祉の現場を体験したことです。もともと周南市(当時・徳山市)と縁があったわけではないのですが、児童福祉施設で障害のある子どもたちと触れ合ったり、地域の方々と交流したりする中で、「この地で就職してもいいかな」と思えるようになったんです。まさに自分の中の価値観がひっくり返るような、貴重な経験でした。今年から「地域ゼミ」が始まるなど、地域とのつながりを大事にするという徳山大学の伝統が今も受け継がれていることを、OBとして、そして周南市で活動する一市民としてとても嬉しく思っています。

大橋 広宣 さん <和田山企画 代表>
1964年、山口市生まれ。徳山大学経済学部卒業後、新周南新聞社にて記者として活躍。その後、独立し、個人事務所「和田山企画」を設立。現在は映画コメンテーター、ディレクター、ライターなどとして活動中。