大学が地域とともにあることは、
周南市民の“市民力”アップにも
大きな力になります。

<周南市長> 1952年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、司法書士・行政書士開業。徳山商工会議所青年部会長、山口県議会議員などを経て、2011年5月より周南市長。

大学の活動が地域の活性化に
役立つということが評価されて
はじめて、地域に輝く大学に
なれるのだと思います。

<徳山大学 学長> 1949年、大阪府生まれ。早稲田大学理工学部卒業、同大学院博士課程修了。ドイツ・ジーゲン大学助手、徳山大学教授などを経て、2010年4月より徳山大学学長。

地域とのつながりを大事にする伝統が
今も受け継がれていることを
嬉しく思っています。

<和田山企画 代表> 1964年、山口市生まれ。徳山大学経済学部卒業後、新周南新聞社にて記者として活躍。その後、独立し、個人事務所「和田山企画」を設立。現在は映画コメンテーター、ディレクター、ライターなどとして活動中。

DISCUSSION & MODERATOR
MEMBER PROFILE

  • 木村 健一郎 市長

    Kenichiro
    Kimura

  • 岡野 啓介 学長

    Keisuke
    Okano

  • 大橋 広宣 さん

    Hironobu
    Ohashi

    司会を務めたのはこの方!
MENU

「学長×市長」スペシャル対談

地域に学び、地域に輝く 周南市とともに歩む徳山大学の挑戦

"地域に輝く大学"の実現をめざして、地域とのつながりをより一層深めている徳山大学。
地元・周南市にとって徳山大学はどのような存在なのか、そして、市が大学に求めるものとは?
木村健一郎・周南市長と、岡野啓介・徳山大学学長が、 周南市と徳山大学の"いま"、そして"これから"を語り合った。

DISCUSSION 001

大学時代にこそ身につけたい自ら主体的・能動的に学ぶ力

── 木村市長と岡野学長は、同じ早稲田大学のご出身ですね。それぞれ、どんな大学生活を過ごされていたのでしょうか。

私は1971年に早稲田大学法学部に入学しましたが、岡野学長は少し先輩ですよね。

私は1969年に理工学部に入学し、大学院および助手時代まで含めると、1985年まで早稲田大学に在籍していました。ですから、キャンパスは少し離れているものの、同じ時代に同じ大学に通っていたことになりますね。

今思うと、大学時代というのは、勉強はもちろん、人生全般について幅広く勉強ができた時期だったと思いますね。自分はいかに生きるべきか、友情とは何か、恋愛とは何かといったことを友人たちと大いに語り合った思い出があります。

私も同じですね。大学時代は仲間たちと物理学の最新の学説について熱い議論を戦わせたり、専門書を輪読したりと濃密な学びの時間を過ごしましたし、たくさんの友人にも恵まれました。ちなみに、妻と出会ったのも大学院時代のことです(笑)。

── そのようなお2人から見て、今の大学生の学び方や生き方はどのように映っているのでしょうか。

よく「最近の若い人は〜」などと言われますが、私はそうは思っていません。自分たちの時代と比べても、最近の若い人たちには素晴らしい部分がたくさんあると思っています。よく勉強されているし、「このままじゃダメだ」「この世の中、何とかしないと」という意識をもつ人たちも増えているような気がしますね。

そして、そのような若者たちに必要なのは、ただ教室で講義を聴くだけの受け身の学びではなく、自ら主体的に課題を探し、その解決策を見つけていく「アクティブ・ラーニング(AL: Active Learning)」だといわれています。現代は、世の中のしくみや価値観が大きく変化している時代。そのような時代をしっかり生き抜き、社会に貢献していくには、自分から物事をしっかり見つめ、その中にある問題を発見し、その解決方法を探っていける力が必要です。こうした観点から、受動的な学修から能動的な学修(AL)への"教育の質の転換"が必要とされているのです。

"生きる"ということに関して、教科書はありませんよね。「こういうふうに生きていれば、いい人生が送れるよ」ということは誰かが教えてくれるものではなく、自分で見つけていかなくてはなりません。その意味で、大学教育の中で学生自らが主体的・能動的に学ぶ力を身につけていくことは非常に重要だと思いますね。