平成29年度文部科学省 私立大学研究ブランディング事業

WELLNESS CITY SHUNAN

「健康スポーツ科学」 「福祉と情報(ICT)」 「心理学」 「経済学」を活用し、
「健幸(ウェルネス)都市しゅうなん」
創造に向けた研究・活動拠点を構築します。

ABOUT

私立大学研究ブランディング事業とは?

文部科学省が平成28年度に打ち出した新たな補助事業。学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取り組みを行なう大学を支援する。徳山大学は、平成29(2017)年度、上記のテーマで応募し、188校の申請大学のなかから60校の採択校の一つに選定されました。

「『健幸(ウェルネス)都市しゅうなん』構築に向けた研究・活動拠点の創設」

徳山大学は、広域周南都市圏の行政・教育機関・福祉施設・企業と協働し、その教育・研究資源を総動員して、「健幸(ウェルネス)都市しゅうなん」の実現に向けた研究・活動拠点を学内に構築します。そして、幼少期から高齢期まで、あらゆる世代の地域住民が「健康」で豊かな生活を送ることのできるまちづくりと地域の活性化に寄与してまいります。

健幸(ウェルネス)都市とは

  • 幼少期から高齢期まであらゆる世代の地域住民が生涯スポーツ※1の実践をとおして健康で(心的に)豊かな生活を送り、健康寿命※2の伸長が実現されている

  • 介護が必要な住民に対しては「充実した介護支援」が提供される

    • 住民一人ひとりによる助け合い活動が根付いている

    • ICT活用による、質の高い効率的な介護サービスが提供される

以上のような状況が実現し、地域の住民が幸せと豊かさを味わいつつ、安心安全に暮らしていくことのできる「まち」を示します。

※1 生涯スポーツ: 健康の増進や保持・リクレーションを目的とし、誰でも・いつでも・どこでも・気軽に、参加することのできるスポーツ
※2 健康寿命: 生涯において健康上の問題がない状態で日常生活を送ることのできる期間

事業の目的と概要

本事業の目的は、徳山大学「生涯スポーツと福祉情報研究センター」を拠点とする以下の4つの分野にまたがる研究を推進し

健幸(ウェルネス)都市しゅうなん実現の基盤創り

をおこなうことにあります。本学の持つ「スポーツ科学」「福祉学」「福祉情報学」「心理学」「経済学」をはじめとする知的資源を総動員し、広域周南都市圏の行政・教育機関・福祉施設・企業との協働のもと、事業を推進してまいります。

  • 1

    「健康と生涯スポーツ」
    研究

    健幸スポーツに関する地域の子ども達の活動実態・運動能力の把握、体力向上プログラムの開発・提供、スポーツ指導者の育成をとおして、地域住民の健康寿命の伸長をめざします

  • 2

    「介護予防と生涯スポーツ」
    研究

    地域の中高齢者の体力把握、その結果に基づく健康運動プログラムの開発・提供、及び、高齢者の健康運動を指導するスポーツリーダーの育成をとおして、地域住民の介護予防を推進します

  • 3

    「介護支援の充実と福祉情報」
    研究

    日常生活支援体制の構築に向けた住民の意識を啓発するシステムの開発や、ICTの活用による福祉サービスの効率化・高質化、更には(外国人等を含む)介護専門職人材の育成をとおして介護支援の充実をめざします

  • 4

    「社会的・経済的効果」
    把握研究

    「健幸」 生活に対する地域住民の「幸福度」(心理学的側面)や「経済効果」(経済学的側面)を評価する指標の開発研究をおこない、本事業の推進に係るPDCAサイクルの基盤とします

研究内容と期待される成果

1「健康と生涯スポーツ」 研究部門 幼児・児童・生徒対象

幼児

幼児期に培われる基礎体力や運動習慣が、児童生徒期の高い体力・運動能力に繋がります

「アクティブチャイルドプログラム(ACP)」(日本体育協会)と幼児版「心理テスト(TDMS-ST)」を活用した研究・活動をとおして、「運動習慣を普及させ、成長後の運動能力向上につなぐ」基盤創りをめざします

  1. 地域の幼児教育現場(幼稚園や保育園数園を選抜)でのACP・体力運動能力測定・心理テストの実施、縦断的測定の継続による体力・運動能力向上への効果検証

  2. 幼児教育現場におけるスポーツ指導のための

    • ACPとスポーツ理論に基づく指導マニュアルの開発
    • 指導者研修会の実施
児童生徒

「課題を絞った運動プログラム」 の計画的実践で、バランスのとれた体力向上を!

山口県や周南市の児童生徒の体力は、合計点では全国平均レベルに達していますが、種目的な偏りに課題があります。科学的なデータに基づいて得られる「課題を絞った運動プログラム」の計画的実践で、地域の児童生徒のバランスのとれた体力向上をめざします

  1. 新体力テスト(文科省)のデータを学校や地区単位で分析し、それぞれに適した体力向上プログラムを開発

  2. モデル校数校を中心にプログラムを実施し効果を検証

2「介護予防と生涯スポーツ」 研究部門 中高齢者対象

中高齢者

スポーツ科学の知見をベースに介護予防を推進

「要支援の改善」 には、レクリエーションやストレッチ運動では不十分で、下肢筋肉の萎縮・筋力低下を防止するトレーニングや、(頭と体を同時に動かす)コグニサイズ運動の有効性が指摘されています。この観点から、域内の介護施設や徳山大学エクステンションセンターと協働して、以下の実証研究を推進します

  1. 地域の中高齢者対象の体力測定と分析、その結果を基にした介護予防プログラムの開発・提供、及び効果の検証

  2. 中高齢者スポーツ指導者を育成するための基礎講座プログラムの開発、及び講座実施

3「介護支援の充実と福祉情報」 研究部門

福祉教育の推進 と ICTの利活用による介護支援の充実

日常生活支援の体制構築に向けた住民の意識啓発(住民全員が「地域を支えるのは自分」という認識をもつ地域づくり)に係る研究や、ICTの活用による福祉サービスの効率化・高質化に係る基礎研究をとおして、介護支援の充実をめざします

  1. 地域包括ケアシステムの一角となる「日常生活支援の体制構築」に向け、福祉教育プログラム(社会福祉協議会)を分析・改善

  2. IoTやAIなど最先端のICT技術を活用した福祉現場におけるコミュニケーション促進・労働者の負担軽減に係る実証研究

  3. 介護現場における記録情報の標準化・ピクトグラム化に係る基礎研究。その基盤の上に構築される「福祉ネットワーク」を介した介護支援の効率化、及び、(外国人等を含む)介護専門職人材の育成

4「健幸度の評価」 研究

本事業の推進に係るPDCA(Plan,Do,Check,Act)サイクルの基盤構築

本事業が目標とする「生涯スポーツと福祉情報研究を介した健幸都市しゅうなん振興」の進捗度を、社会的・経済的側面から捉えて評価し、事業のPDCA推進の柱とします

  1. 健幸という視点での地域住民の「QoL(Quality of Life;生活の質)」、及び「満足度」を把握する指標の開発と、それを活用した健幸度の評価(心理学的側面)

  2. 健康・スポーツ関連産業の振興がもたらす地域経済への波及効果の把握(経済・ビジネス的側面)

平成29年度

■目標

学内の組織づくり、外部関係機関との協力体制づくり、研究活動の準備

■計画

    1. 日本体育協会や山口県体育協会、周南市体育協会などとの協働体制構築
    2. 講習会でのカリキュラムづくりと講習会の実施(幼児教育現場スタッフ対象)
    3. 各種測定法に関する確認
    4. 小学生を対象とした体力テスト値との関連分析
    1. 中高齢者を対象とした介護予防研修会の開催
    2. 介護予防運動プログラムおよび認知症予防運動プログラム作成
    1. 外部参画組織を含む研究プロジェクトチームの結成
    2. 自己点検評価体制(PDCAサイクル)の確立
    3. 理論的研究、先行研究調査の実施
    4. キックオフシンポジウムの実施と研究成果報告会の開催
    5. 自己点検評価
    6. 外部評価
    1. 研究遂行に必要な研究設備の購入
    2. QOL、および医療・福祉を明示した地域マクロ計量モデルの先行研究調査、理論研究

平成30年度

■目標

効果測定開始、各種プログラムの開発、指標の開発

■計画

    1. モデル園への定期的な視察ならびに効果測定の実施(幼児運動能力検査・二次元気分尺度)・効果検証
    2. 講習会での実践報告に向けたモデル園との協議
    3. 幼児の運動能力検査の実施および効果測定
    4. 児童生徒の体力測定・走力および運動習慣調査の実施検証
    1. 高齢者の運動プログラム(コグニサイズ運動等)の実施検証
    1. 介護福祉現場へのアンケート調査(記録情報に関する)の実施と分析
    2. 社会福祉協議会への事業一覧の提出依頼
    3. IoT、AIによる介護従事者の労働負担軽減に関する学内実験
    4. 研究成果報告会の開催
    5. 自己点検評価
    6. 外部評価
    1. 健康な生活に関する満足度に関する市民調査(質問紙調査)の取りまとめ
    2. QOL指標の基本的な構造の検討
    3. 地域マクロ計量モデル推計のためのデータセット整備および推計の実施

平成31年度

■目標

効果測定の継続、各種プログラムの開発継続、指標(暫定版)の完成

■計画

    1. 実施園への定期的な視察と効果測定・検証ならびに縦断的効果検証
    2. 講習会の内容に関する検討会の実施および実施園との実践報告に向けた協議
    3. 幼児の運動能力検査の実施および効果測定
    4. 児童生徒の体力測定・走力および運動習慣調査の実施検証
    1. 高齢者の運動プログラム(コグニサイズ運動等)の実施検証
    1. 情報品質評価フレームワークの構築、介護福祉専門職向けの意思決定支援システムの設計・開発
    2. 最先端ICT機器を用いた介護福祉現場での実証実験及び結果に基づく諸課題の抽出
    3. 3市社協福祉教育プログラムの分析
    4. 事業中間年度シンポジウムの実施と研究成果報告会の開催
    5. 自己点検評価
    6. 外部評価
    1. QOL指標(暫定版)の完成および指標算出のための準備
    2. 地域マクロ計量モデル(暫定版)の完成、本研究事業全般の効果試算

平成32年度

■目標

効果測定の継続、各種プログラムの開発継続、指標(暫定版)の改善、効果の試算

■計画

    1. 運動遊びの指導マニュアルに基づいた指導の展開(幼児教育現場スタッフによる)
    2. 実施園への定期的な視察と効果測定・検証ならびに縦断的効果検証
    3. 講習会での内容協議および運動遊びの指導マニュアルに基づく検証結果報告
    4. 幼児の運動能力検査の実施および効果測定
    5. 児童生徒の体力測定・走力および運動習慣調査の実施検証
    1. 高齢者の運動プログラム(コグニサイズ運動等)の実施検証
    1. 前年度成果に基づいた介護記録情報システムのプロトタイプ構築
    2. 高齢者向け福祉教育プログラムの開発
    3. 健康体操の解説(高齢者向け福祉教育プログラム)DVDの作成
    4. 小学生向け福祉教育プログラムの開発
    5. プロトタイプシステムの試用と評価
    6. 中学生向け福祉教育プログラムの開発
    7. 前年度成果に基づく介護福祉現場で実証実験の実施
    8. 研究成果報告会の開催
    9. 自己点検評価
    10. 外部評価
    1. QOL指標の算出と改善
    2. 地域マクロ計量モデル改善、本研究事業全般効果試算

平成33年度

■目標

指導マニュアルの作成、各種プログラムの成果報告・提言、計量モデル計測・結果報告

■計画

    1. 5年間での縦断的効果検証結果の報告
    2. 幼児の発達段階に応じた運動遊びに関する指導マニュアルの再検討
    3. 幼児の運動能力検査の実施および効果について発表報告
    4. 児童生徒の体力測定・走力および運動習慣調査の実施報告
    1. 高齢者の運動プログラム(コグニサイズ運動等)の実施報告
    1. ピクトグラムを採用した介護記録情報システムの特許取得
    2. 福祉教育プログラムの展開・効果測定
    3. ピクトグラムを採用した介護記録情報システムの本システム運用開始
    4. ピクトグラムを採用した介護記録情報システムの介護福祉専門職養成への活用開始(外国人専門職養成も含む)
    5. 研究成果を踏まえた、介護福祉現場へのICT導入の提案
    6. シンポジウムと研究成果報告会の開催
    7. 自己点検評価
    8. 外部評価
    9. 研究叢書あるいは研究成果報告書の刊行
    1. QOL指標の算出
    2. 地域マクロ計量モデル完成、本研究事業全般効果試算、政策シミュレーション実施

本事業の進捗状況は、今後、このページにて随時公開していきます。

学外との有機的な連携体制

「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取り組みを行なう大学を支援する事業です。したがって研究の内容はもちろんのこと、それを支援する全学的体制の構築や大学全体のブランド向上につなげる広報戦略が重要となる、「教職員が一体となった」組織改革を促す事業ということができます。

そこで本事業を始めるにあたって、ブランディング戦略の企画・推進を担当する「徳山大学ブランディング推進本部」と、研究事業の推進を担当する「徳山大学 生涯スポーツと福祉情報研究センター」の2つの組織を設置しました。そして、それぞれがそれぞれの事業の中核を担いつつ、互いに有機的に連携して、事業全体を推進してまいります。また、後者の研究センター内には、「生涯スポーツと福祉情報研究センター運営委員会」を置き、研究事業の遂行はもちろん、自己点検・評価・検証を行ってまいります。

徳山大学は1971年、当時の徳山市長・高村坂彦氏の提案に基づき、市議会や市内関係各機関・起業の支援を受けて創立されました。このような「公設民営型大学」としての設立の経緯を持つ本学にとって、その強みは、地域とのつながりにあります。この利点をフルに活用して学外との密接な連携体制を構築し、外部評価の定期的実施やその結果に基づくPDCAの推進、外部連携組織(三者連携協議会、LCEC周南会議、等)をとおした事業内容の地域への告知・広報などを、強力に推進してまいります。

建学の精神を踏まえた大学の将来ビジョンの設定

建学の精神「知識とともに魂の教育を重視」

この姿勢を明確化

教育理念 個性の伸長を旨とする
「知・徳・体 一体の全人教育」

本学の個性

大学創設の歴史によって形成された本学の個性は

「地域社会との協働・共生」

という点に集約される

COC大学に認定(2015)

使命・目的地域の教育・文化活動の拠点
『地と知の拠点』となる

をその使命・目的とする
(2016年度「自己点検評価報告書」)

これまで、これら大学の「基本理念」や「使命・目的」の具現に向けて実施してきた教育改革の結実として、
以下に示す現在の本学の教育の特色があります

  • アクティブラーニング(AL)の全学的推進 AP事業採択
    大学教育再生加速
    プログラム
  • 地域と連携して取り組む 地域課題解決地(知)の拠点(COC)
    事業採択
  • EQ(心の知能指数)教育
  • 健康スポーツの重視

これらの教育改革を一層推進し、その遂行を広く地域社会が実感・共有する状況を実現し、「大学における学びへの信頼感 = ブランド」を高めることによって、真の意味での「地域に輝く大学」の実現をめざすこと、それが徳山大学の将来ビジョンに他なりません。

本事業で打ち出す独自色の内容と将来ビジョンとの係り

本事業のテーマとなっている

「健幸(ウェルネス)都市しゅうなん」の構築は、

本学の教育・研究の
大きな特色の一つとなっている

健康スポーツの科学と
マネジメント

「福祉情報学部」創設(2003年)以来の、
もう一つの特徴である

福祉情報

  • 「地域福祉の拠点」として、地域の自治体や福祉施設の大きな期待を担う
  • 学部名称に「福祉情報」を冠する日本で唯一の学部として、ICT活用による福祉サービスの効率化・高質化を実践できる人材育成をめざす

を協働させることによって、「健幸(ウェルネス)都市しゅうなんの創造拠点」を徳山大学内に構築しようというものです。

全学的な「AL推進【知】」「学生・教職員&地域が一丸となって取り組む地域課題解決(地)」「EQ教育【徳】」などの「実践活動」の地盤の上で、「健康・介護予防と生涯スポーツ」「介護支援と福祉情報」、加えて「地域住民の幸福度の把握」をテーマとする研究教育を推進し、「健幸(ウェルネス)都市しゅうなん」の創造拠点としてのブランド獲得をめざしてまいります。このブランド獲得は、本学の将来ビジョンである「地域に輝く大学」の実現に向けた、大きな一歩に位置づけることができます。

RESEARCH THEME

  • 1「健康と生涯スポーツ」研究

    研究成果

    本研究の成果を今後、随時更新していきます。

  • 2「介護予防と生涯スポーツ」研究

    研究成果

    本研究の成果を今後、随時更新していきます。

  • 3「介護支援の充実と福祉情報」研究

    研究成果

    本研究の成果を今後、随時更新していきます。

  • 4「社会的・経済的効果」把握研究

    研究成果

    本研究の成果を今後、随時更新していきます。