徳山大学アドミッション・ポリシー

 本学は、人との交流を通じて人間力を育成するため、入試形態を多様化して幅広く人材を受け入れています。本学各学部では、学ぶ熱意と必要な学習能力、専門分野に求められる適性、および共同体の一員として基礎的な社会性を備えた人の入学を求めます。

経済学部アドミッション・ポリシー

 21世紀は「変化の時代」です。経済学部では、専門知識や技能に加えて幅広い教養を身につけ、「変化に対応できる柔軟な応用能力をもった人材の育成」を目指しています。このために私たちは、次のような人の入学を求めます。

(1)本学において主体的に勉学する意欲をもった人
(2)大学教育を受けるにふさわしい学習能力を備えた人
(3)社会的公正を尊重して自らを律し、誰にも礼節をもって接することができる人

現代経済学科アドミッション・ポリシー
 経済学部アドミッションポリシーに謳われている基本的資質を備え、以下に示す人材像を目標として努力する意欲をもった人の入学を求めます。

【目指す人材像】

変化する経済社会の諸現象に注目し、その理論的背景に興味を持って論理的に分析・解明し、その結果を社会における様々な場でいかすことができる人。

ビジネス戦略学科アドミッション・ポリシー
 経済学部アドミッションポリシーに謳われている基本的資質を備え、以下に示す人材像を目標として努力する意欲をもった人の入学を求めます。くわえて下記のいずれかの分野に強い興味を持っている人の入学を求めます。

【目指す人材像】

ビジネス社会の流れとその変化を的確に把握し、グローバルな視点から戦略的意思決定をおこなうことができ、その結果を社会における様々な場でいかすことができる人。

【分野】

 ① 経営・ビジネス全般にまつわる現代的諸問題、② 知的財産(マンガ・アニメ・メディアデザイン)の開発やそれをコンテンツと捉えたビジネス、③健康・スポーツ科学、スポーツビジネス、地域スポーツ経営など、スポーツ全般の管理運営に関わるマネジメント

福祉情報学部アドミッション・ポリシー

21世紀は「こころの福祉の時代」です。福祉情報学部では、専門知識や技能に加えて幅広い教養を身につけ、「こころの福祉に必要なコミュニケーション能力をもった人材の育成」を目指しています。このために私たちは、次のような人の入学を求めます。

(1)本学において主体的に勉学する意欲をもった人
(2)大学教育を受けるにふさわしい学習能力を備えた人
(3)社会的公正を尊重して自らを律し、誰にも礼節をもって接することができる人
(4)ひとに共感し、ひとをおもいやるあたたかい心をもった人

人間コミュニケーション学科アドミッション・ポリシー
 福祉情報学部アドミッションポリシーに謳われている基本的資質を備え、以下に示す人材像を目標として努力する意欲をもった人の入学を求めます。

【目指す人材像】

 「人間と人間のコミュニケーション」について、福祉学・情報学・心理学をベースに掘り下げ、福祉施設や一般企業をはじめ、情報化された現代社会におけるあらゆる活動現場において、高度なヒューマンスキルを活かして活躍できる人。

入試別アドミッションポリシー

一般推薦
 本学での修学に必要となる基礎的学力を有する学生の入学を図るために、高校での学業成績や取得した資格の評価ならびに国語力を確認する適性検査を用い、総合的に判断します。学校長の推薦を求めます。

 

特別推薦
A(スポーツ)/B(自主活動等):
 スポーツおよび文化・自主活動・生徒会活動に優れた実績を持つ人を求めます。あわせて面接によって、入学後の勉学に対する熱意や目的意識を確認します。また本学での修学に必要となる基礎的な日本語能力を確認するため小論文の作成を課します。高校での学業成績とともに、学校長またはクラブ顧問の推薦を求めます。
C(指定校):
 高校との信頼関係に基づき、本学が求める学業成績を満たした学生を求めます。あわせて面接によって、入学後の勉学に対する熱意や目的意識を確認します。また本学での修学に必要となる基礎的な日本語能力を確認するため小論文の作成を課します。高校での学業成績とともに、学校長の推薦を求めます。

 

一般入試 
 学力試験に基づき、修学に必要となる学力をもった学生を求めます。本学が求める基礎的な日本語能力を確認するため国語を必須とします。くわえて、本学が力を入れている情報教育(情報関係基礎)または語学(英語)のうち得意な1教科を選択とします。この試験により基礎知識、論理的な理解力および洞察力などを確認します。

 

大学入試センター試験利用入試
 大学入試センター試験の成績により、修学に必要となる学力をもった学生を求めます。本学が求める基礎的な日本語能力を確認するため国語を必須とします。くわえて、全ての教科・科目の中から最も高得点な1教科1科目を利用します。この試験により基礎知識、論理的な理解力及び洞察力などを確認します。

 

人物本位AO入試 
 面談によって、勉学に対する熱意や基礎的能力をもった学生を求めます。本学の教育方針を理解し将来の夢を語れる人、高校時代にクラブ活動やボランティア活動で活躍した人、各種資格を取得した人、を歓迎します。本学が求める基礎的な日本語能力を確認するため、小論文の作成を課します。修学に必要となる最低限の学力を確認するため、高校での学業成績をも評価の対象とします。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 受験生の皆様へ >