地域ゼミPROJECT

地域ゼミ交流活動更新中!

REPORT

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。
2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。

主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。

こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

地域課題をテーマとするアクティブラーニング

地域ゼミスタート

NEW! 地域ゼミスタート!

地域ゼミ一覧

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、
真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。

  • 01
    前期

    経済学部准教授
    井出野 尚

    「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」

     桜ヶ丘高校「総合的な学習の時間」と連携し、1年間をかけて地域の資源を活用したまちづくりや地域課題の解決のための方法を考えていきます。
     校外活動(桜ヶ丘高校での授業や地域での取材など)を日常的に行っていく予定です。

  • 02
    前期

    経済学部教授
    紙矢 健治

    「メディアの仕事のすばらしさを理解する」

     FM放送を拠点に「地域ゼミ」の授業を行います。メディアで働くことの体験を行います。また教育関連の雑誌の取材体験をはじめ、活躍の場を増やしていく予定です。

  • 03
    前期

    福祉情報学部准教授
    酒井 徹也

    「桜木地区夢プラン
    〜街歩きマップの作成〜」

     「周南市地域づくり推進課」と連携し、大学近隣の周南市桜木地区の街歩きマップを作成します。フィールドワークを通じて地域の注目ポイントを収集し、その情報をもとに街歩きマップを作ります。作成した地図は桜木地区コミュニティ推進協議会に提供して、地域振興や地域の夢プラン策定に役立てられます。

  • 04
    前期

    経済学部講師
    寺田 篤史(a)

    「下松活性化プロジェクト」

     下松市役所企画財政課地域政策係と連携し、下松市の活性化に向け活動します。(1)中山間地域活性化班、(2)国際交流班に分かれ、耕作放棄地活用による中山間地域の活性化に向けた活動や、幼稚園児と留学生の交流活動を行います。

  • 05
    前期

    経済学部講師
    寺田 篤史(b)

    「周南の政治とまちづくり」

     周南市議会議員や市役所職員とともに、どのようにしてまちづくりが進められているのか、まちづくりにおける政治の役割・議会のしくみを体験的に学び、周南市の課題について考え、提言づくりを行います。

  • 06
    前期

    経済学部教授
    長澤 雅彦

    「徳山大学のTVCMを制作して地域にアピール」

     徳山大学のTVCMの企画と制作を実践することによって、地域から徳山大学がどう見られるべきか?を考えていきます。

  • 07
    前期

    福祉情報学部特任講師
    中嶋 克成(a)

    「西京銀行課題解決型インターンシップ及びJCリーダーシップ研修」

     このゼミでは、周南地区(近隣も含む)の企業でのインターンシップを行います。ただし、ただのインターンシップではなく、「課題解決型」のインターンシップとなります。
     西京銀行へのPBL型インターンシップ「実践」を通して学んだことを、JCでのリーダーシップ研修で「理論的」に総括します。

  • 08
    前期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉

    「模擬会社運営 ― 実際に製品を開発して周南市で販売する 」

     将来、経営者となりたい学生や地域企業への就職を目指している学生を対象に、模擬会社を運営して地域と連携していきます。
    模擬会社の運営を通じて学生のコミュニケーションスキルの向上を目指します。

  • 09
    前期

    経済学部准教授
    山本 晋也

    「久米小学校児童との交流」

     このゼミでは、久米小学校の児童との「交流」を行います。その際、いつ、どのような交流をするかを、学生に考えて準備してもらいます。そして、交流を通じて、同じ地域に住む市民としての意識を育てることを目標とします。

  • 10
    前期

    福祉情報学部教授
    渡部 明

    「障がい者スポーツを通じた共生社会」

     東京五輪は、「健常者と障害者がスポーツを通じて共生する社会」をレガシーとして挙げました。これを定着するには、一人一人の意識改革が必要となります。
     まずは、障がい者スポーツを体験し、障がい者との交流を深めることから始めたいと考えています。
     交流を予定している競技は、車いすバスケット、ウェルチェアラグビー、陸上競技、アーチェリーなどです。

  • 11
    後期

    経済学部准教授
    赤松 礼奈

    「21世紀フラワーファームで農業ビジネスを体験しよう」

     学期中に収穫できる作物ジャガイモを育てます。
     そしてSNSを使った情報発信やその他の農作業のお手伝いをします。

  • 12
    後期

    経済学部講師
    大坂 遊

    「桜ヶ丘高校"総合"プロジェクト」

     桜ヶ丘高校「総合的な学習の時間」と連携し、1年間をかけて地域の資源を活用したまちづくりや地域課題の解決のための方法を考えていきます。
     校外活動(桜ヶ丘高校での授業や地域での取材など)を日常的に行っていく予定です。

  • 13
    後期

    経済学部教授
    紙矢 健治

    「メディアの仕事のすばらしさを理解する」

     FM放送を拠点に「地域ゼミ」の授業を行います。メディアで働くことの体験を行います。また教育関連の雑誌の取材体験をはじめ、活躍の場を増やしていく予定です。

  • 14
    後期

    経済学部准教授
    瀬尾 賢一郎

    「高齢者を対象とした運動教室の運営」

     周南地域の高齢者施設や公民館などを中心に、高齢者を対象とした健康増進を目的とする運動教室を行います。当ゼミにおいては、教室運営として学生の皆さんにも指導の実際に触れていただこうと考えています。

  • 15
    後期

    経済学部講師
    寺田 篤史(c)

    「周南の魅力再発見」

     「(一財)周南観光コンベンション協会」のご協力のもと実施します。観光コンベンション協会による着地型観光商品の開発・発信に関わりながら、周南市の魅力やその発信について課題発見・解決に取組みます

  • 16
    後期

    経済学部教授
    長澤 雅彦

    「地域企業・商店のPR映像を制作し、地域企業の魅力を伝える」

     主には下松市及び下松フィルムコミッションとの共同企画により、地元企業(未定)のPR映像を制作します。
    映像制作そのものより、企業研究や地域との関わり、それを拡げる方法論の策定に向けて活動します。

  • 17
    後期

    福祉情報学部特任講師
    中嶋 克成(b)

    「リレー・フォー・ライフ・ジャパン やまぐち」 運営スタッフ(企画・準備・運営)」

     リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち実行委員会事務局主催の「がん患者支援チャリティ活動」に運営スタッフとしてかかわります。
     チャリティイベントは9月下旬(土日)が本番となりますが、そのための企画や準備、当日のボランティアスタッフなどを行います。また、参加者(本学の学生)募集活動も行うなど、活動内容は多岐にわたります。

  • 18
    後期

    経済学部助教
    羽田 司

    「中山間地域を見つめ直す」

     国土面積の約7割を占める中山間地域は魅力あふれる地域であるとともに、多くの課題も存在しています。このゼミでは周南市の中山間地域における課題を自ら発見し、資料調査や現地調査を通じて課題への提言を行うことを目指します。

  • 19
    後期

    経済学部特任教授
    原田 一記

    「周南市を題材にゲームアイディア企画」

     周南市を取材し、同市を題材にしたゲームアイディアの企画立案をする。学生同士がコミュニケーション(ブレインストーミング)しながらゲームという課題を通し、地域のプロモーションも含めた企画を考えるゼミです。

  • 20
    後期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉

    「模擬会社運営―実際に製品を開発して、周南市で販売する」

     将来、経営者となりたい学生や地域企業への就職を目指している学生を対象に、模擬会社を運営して地域と連携していきます。
    模擬会社の運営を通じて学生とりわけ留学生のコミュニケーションスキルの向上を目指します。

  • 21
    後期

    経済学部准教授
    村岡 浩次

    「地域のエネルギー政策を提案してみよう!」

     昨今、電気自動車への転換や再生可能エネルギー等、日本や海外でエネルギー政策の議論が活発化しています。これからは地域ごとの特色に合わせた独自のエネルギー政策を提案する時代が来ており、周南市でも水力発電など様々な取り組みが行われています。本ゼミでは、地域の視点から実際に調査・研究を行い、自分なりの提案を考えていきます!フィールドワークを通じ、理論と実際を自分の目で確認しながら、一緒に政策提言を行っていきます。

  • 22
    後期

    福祉情報学部教授
    渡部 明

    「ボランティアによる子ども育成事業などの支援活動」

     周南地域の小・中学校、公民館等で子どもに関わるボランティア活動などを行い、それぞれの活動機関での課題を発見し、解決策を探っていきます。
    子ども達との関わりを通して教職に必要とされる資質・能力を高めていくことが目的です。

お問い合わせ

徳山大学 0834-28-0411(代表)

E-mail: tual_info@tokuyama-u.ac.jp

× CLOSE

TOKUDAI MOBILE & SMART APP