地域ゼミPROJECT

地域ゼミ交流活動更新中!

REPORT

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。
2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。

主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。

こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

地域課題をテーマとするアクティブラーニング

地域ゼミスタート

NEW! 地域ゼミスタート!

地域ゼミ一覧

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、
真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。

  • 01
    前期

    福祉情報学部教授
    石橋 孝明

    「子ども育成事業の支援(教職課程学生向き) 」

     地域の小・中学校、公民館等でボランティア活動を行い、当該活動機関での課題を発見し、解決策を提言・実行していきます。
     このことを通して教職に必要とされる資質・能力を高めて いきます。

  • 02
    前期

    経済学部教授
    紙矢 健治

    「メディアの仕事のすばらしさを理解する」

     メディアの仕事をFM放送を拠点に「地域ゼミ」の授業を行います。メディアで働くことの体験を行います。また教育関連の雑誌の取材体験をはじめ、活躍の場を増やしていく予定です。

  • 03
    前期

    福祉情報学部教授
    小林 武生

    「留学生の日本文化体験プロジェクトをマネジメントする」

     「留学生が日本の伝統文化である米作りを体験する」というプロジェクトを運営します。
     前期の地域ゼミaでは、留学生に「田植え」を体験してもらうことをマネジメントします。
     地域住民との打ち合わせ、学内の連絡調整などを通して、プロジェクトマネジメントの技法を習得していきます。

  • 04
    前期

    福祉情報学部特任講師
    庄司 一也

    「西京銀行課題解決型インターンシップ」

     「若旅ツアー」とは西京銀行・地域連携部が主催するプロジェクトで、山口県内の魅力ある企業や観光地を3日間かけてツアーすることになります。このツアーをとおして、県内の就職や定住を促進できるような魅力ある企画を立てることが目標です。なお、企画学習は西京銀行本店で行います。

  • 05
    前期

    経済学部特任講師
    寺田 篤史(a)

    「株を通じて学ぶ地域経済」

     (公社)周南青年会議所(周南JC)のメンバーが講師となり、株の勉強、株の模擬売買等を通じて、周南下松地域の経済を知り、地域の企業(行政含む)の若手経営者、社員と交流を持つことで、各業種への理解を深め、就職活動、就業に必要な知識を得ることを目的とします。

  • 06
    前期

    経済学部特任講師
    寺田 篤史(b)

    「政治とまちづくり」

     周南市議会議員とともに周南市の現在の課題について話し合いながら、まちづくりにおける政治の役割・議会のしくみを知り、どのようにしてまちづくりが進められているのか、ワークショップ等を通じて体験的に学びます。

  • 07
    前期

    経済学部教授
    長澤 雅彦

    「星ふるまちの映画祭の企画と運営」

     下松フィルム・コミッションとの共同作業で、第3回星ふるまちの映画祭の企画と運営に参加してもらいます。
     今年のテーマは「野外上映会」「出店イベント」そして様々な分野のクリエイターを招聘して行う「夜塾」。
     たくさんの人々の心に残るイベントを共に作りましょう。

  • 08
    前期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉

    「模擬会社運営 ― 実際に製品を開発して周南市で販売する―」

     模擬会社を運営して地域と連携します。学生みなさんのコミュニケーションスキルのアップをおこないます。
     将来、経営者や地域企業の就職を目指している学生集合してください。

  • 09
    前期

    経済学部准教授
    山本 晋也

    「久米小学校児童と徳山大学留学生との交流」

     久米小学校との児童との交流を通じて、「日本語」や「日本語を使う」とはどういうことか?を考えることが、本地域ゼミの狙いです。

  • 10
    前期

    経済学部准教授
    柚洞 一央

    「みんなの学校をつくろう!! ~地域全体で子どもたちを育てる取り組みに参加~」

     この授業では、地域の人たちと一緒に運営しようという学校運営協議会(コミュニティースクール)事業を取り上げます。開かれた学校づくりに取り組む小学校・中学校を訪れ、授業に参加したり、地域住民とのコラボレーションによる新たな活動を模索します。子どもたちのために何ができるか、できることを模索していきます。
     周南市および周辺の中学校や小学校(周南市立周陽中学校・熊毛中学校・三丘小学校など)を訪れる予定です。

  • 11
    後期

    経済学部講師
    赤松 礼奈

    「21世紀フラワーファームで農業ビジネスを体験しよう」

     学期中に収穫できる作物ジャガイモを育てます。
     そしてSNSを使った情報発信やその他の農作業のお手伝いをします。

  • 12
    後期

    福祉情報学部教授
    江﨑 和希

    「障がい者スポーツを通じた共生社会」

     東京五輪は、「健常者と障害者がスポーツを通じて共生する社会」をレガシーとして挙げました。これを定着するには、一人一人の意識改革が必要となります。
     まずは、障がい者スポーツを体験し、障がい者との交流を深めることから始めたいと考えています。
     交流を予定している競技は、車いすバスケット、ウェルチェアラグビー、陸上競技、アーチェリーなどです。

  • 13
    後期

    経済学部講師
    大阪 遊

    「地域に暮らす人々を紹介する冊子をつくる」

     「地域の様々な方々に対するインタビューを行い,その成果を冊子にして広く発信します。地域で暮らす人々の「生い立ち」と「課題意識」を聞き取るなかで,自身が地域でどのように暮らし,どのような課題の解決に貢献できるかを考えていきます。

  • 14
    後期

    経済学部教授
    紙矢 健治

    「メディアの仕事のすばらしさを理解する」

     メディアの仕事をFM放送を拠点に「地域ゼミ」の授業を行います。メディアで働くことの体験を行います。また教育関連の雑誌の取材体験をはじめ、活躍の場を増やしていく予定です。

  • 15
    後期

    福祉情報学部教授
    小林 武生

    「留学生の日本文化体験プロジェクトをマネジメントする」

     「留学生が日本の伝統文化である米作りを体験する」というプロジェクトを運営します。
     後期の地域ゼミbでは、留学生に「稲刈り」と「餅つき」を体験してもらうことをマネジメントします。
     地域住民との打ち合わせ、学内の連絡調整などを通して、プロジェクトマネジメントの技法を習得していきます。

  • 16
    後期

    福祉情報学部講師
    酒井 徹也

    「周南市における市民参画推進のための手法の開発」

     「周南市地域振興部地域づくり推進課」との連携により市政に対する市民参画推進のための手法を模索します。具体的には秋冬に周南市内で行われるお祭り,イベント等に出向き,市の事業説明などのパネルを設置したブースを出展します。ゼミでは,このブースの内容の企画と,当日の運営を行います。
     最終的には活動の成果を報告書にまとめ,学生からの意見として周南市に提出することを目標とします。

  • 17
    後期

    福祉情報学部特任講師
    庄司 一也

    「『おでかけ福祉相談室』環境美化活動・サービスラーニング入門」

     おでかけ福祉相談室主催の下、周南市熊毛小成河の田畑の清掃、花の手入れ等を行います。すなわち、環境美化活動であって、社会貢献を兼ね備えたサービスラーニングそのものです。また、「どのようにすれば効率よく環境美化活動を行えるか?」ということを教室授業で考察し、明確な目標を立てて行う広義のPBLでもあります。
     そして、環境美化活動(授業)の総仕上げとして、体験内容を論文化し、全受講生がコンテストに応募します。

  • 18
    後期

    経済学部特任講師
    寺田 篤史

    「周南の魅力再発見」

     「(一財)周南観光コンベンション協会」のご協力のもと、協会の業務の体験、関係企業の見学などを通じて周南市の魅力を再考し、その発信に向けて活動します。

  • 19
    後期

    経済学部特任教授
    原田 一記

    「周南市を題材にゲームアイディア企画」

     周南市を取材し、同市を題材にしたゲームアイディアの企画立案をする。学生同士がコミュニケーション(ブレインストーミング)しながらゲームという課題を通し、地域のプロモーションも含めた企画を考えるゼミです。

  • 20
    後期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉

    「模擬会社運営―実際に製品を開発して、周南市で販売する」

     模擬会社を運営して地域と連携します。
     学生みなさんのコミュニケーションスキルのアップをおこないます。将来、経営者や地域企業の就職を目指している学生集合してください。

  • 21
    後期

    経済学部准教授
    村岡 浩次

    「地域のエネルギー政策を提案してみよう!」

     昨今、原子力発電や再生可能エネルギー等、日本や海外でエネルギー政策の議論が活発化しています。
     これからは地域ごとの特色に合わせた独自のエネルギー政策を提案する時代が来ており、周南市でも水力発電など様々な取り組みが行われています。
     本ゼミでは、地域の視点から実際に調査・研究を行い、自分なりの提案を考えていきます!

  • 22
    後期

    経済学部准教授
    柚洞 一央

    「みんなの学校をつくろう!<その弐> ~地域全体で子どもたちを育てる取り組みに参加~」

     この授業では、地域の人たちと一緒に運営しようという学校運営協議会(コミュニティースクール)事業を取り上げます。開かれた学校づくりに取り組む小学校・中学校を訪れ、授業に参加したり、地域住民とのコラボレーションによる新たな活動を模索します。子どもたちのために何ができるか、できることを模索していきます。
     周南市の中学校や小学校(周陽中学校・熊毛中学校・三丘小学校など)を訪れる予定です。

  • 23
    後期

    福祉情報学部教授
    渡部 明

    「ボランティアによる子ども育成事業の支援」

     周南地域の小・中学校、公民館等で子どもに関わるボランティア活動を行い、それぞれの活動機関での課題を発見し、解決策を探っていきます。
     子ども達との関わりを通して教職に必要とされる資質・能力を高めていくことが目的です。

お問い合わせ

徳山大学 0834-28-0411(代表)

E-mail: tual_info@tokuyama-u.ac.jp

× CLOSE

TOKUDAI MOBILE & SMART APP