地域ゼミPROJECT

地域ゼミ交流活動更新中!

REPORT

MOVIE

地域課題の解決を主なテーマとし、学生が主体的に学ぶ

徳山大学は、"地域に貢献できる人材の育成"をめざして、地域のみなさまとともに地域問題の解決に取り組むべく、研究体制の充実と教育の改革を進めています。
2014年度から、学生が主体となって地域の身近な問題を見つけ、その解決に向けて調査・分析から解決策の提示までを行う「地域ゼミ」を2年次に新設。さらに、この問題解決型学習(PBL: Problem Based Learning)を進めるうえで不可欠となる基礎力「PBLリテラシー」の育成を1年次の「教養ゼミ」の重点教科に位置づけます。そして、これらの学びに、専門知識を活用した本格的PBL「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)を接続するカリキュラムによって、"地域課題をテーマとするアクティブラーニング"を4年間の継続した学びとして体系化します。

主体的な学びの場を「地域課題」の中に見出し、地域で頑張る学生たちの姿を市民や企業など広く社会が実感・共有する状況を実現することによって、徳山大学の学びへの信頼感を高め、地域コミュニティの"拠点"としての大学づくりを進めていきます。

こうした全学的な取り組みが評価され、文部科学省より、2014(平成26)年度「大学教育再生加速プログラム」(アクティブ・ラーニング)に選定されました。

地域課題をテーマとするアクティブラーニング

地域ゼミスタート

NEW! 地域ゼミスタート!

地域ゼミ一覧

地域の方々とともに、地域課題に学生が正面から向き合い、
真剣に取り組みながら、地域に貢献していく活動です。

本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、前期はオンライン開講が可能な講座のみ実施しました。後期に変更になったゼミについてはテーマや内容が変更になる場合があります。また、前期開講ゼミについては合同発表会を行わず各ゼミで成果報告を行い、その結果は最終報告書でお知らせいたします。

  • 01
    前期後期

    経済学部教授
    井出野 尚

    「"良い社会"を実現するために私たちは何ができるか?-桜ヶ丘高校との高大連携PBL-」

     桜ヶ丘高校と連携し,1年間をかけて地域の資源を活用したまちづくりのあり方や,地域課題の解決のための方法について考え,行動します。
     ①課題発見、②調査・探究は前期井出野が担当、③解決策の立案、④実践・行動は後期大坂が担当予定。

  • 02
    前期

    経済学部教授
    紙矢 健治(a)

    「FMラジオ出演体験(放送番組内容の構成・出演)」

     「しゅうなんエフエム」に4回程度の出演体験をします(都合により増減あり)。ゲスト出演者への出演依頼+取材+放送番組出演なども実施予定です。放送はインターネットサイマル放送を通じて携帯端末を用いて世界中で受信できます。

  • 03
    前期後期

    福祉情報学部准教授
    酒井 徹也

    「現代によみがえる松下村塾〜地域に散らばる居場所作り〜」

     「周南市地域づくり推進課」と連携し,大学周辺の桜木地区の協力を得て開講するゼミです。周南市における「高齢者,若者,子どもを繋いだ地域づくり」がテーマです。地域の高齢者と小学生が相互に見守りを出来るような居場所《現代の寺子屋》のモデルづくりを考えていきます。今年度は地域内に複数の居場所を開拓し,継続的な運営を試行します。

  • 04
    前期後期

    経済学部准教授
    立部 文崇

    「「やさしい日本語」化プロジェクト:周南市 外国人向け生活ハンドブック!!」

     周南市国際交流サロンが作成した「外国人向け生活ハンドブック(日本語)」の「やさしい日本語」バージョンを作成します。「やさしい日本語」は、できるだけ簡単な日本語で外国人に情報を伝えることを目的につくられた日本語です。例えば、「高台に避難してください」→「高いところに逃げてください」などです。この「地域ゼミ」では周南市の外国人にわかりやすい生活ハンドブックを作成します。

  • 05
    前期後期

    経済学部講師
    寺田 篤史(a)

    「下松活性化プロジェクト」

     下松市役所と連携し、下松市の活性化に向け活動します。R2年度は、米川地区滝の口近くの耕作放棄地の耕作を活動のメインとし、耕作放棄地の活用方法や景観保持の方策を考えます。

  • 06
    前期後期

    経済学部教授
    長澤 雅彦(a)

    「地域発信のTV番組を作る」

     地域ケーブルテレビ局などと連携してTV番組を企画制作してOAまで。学生ならではの視点で面白い番組作りをして地域の魅力や面白さを番組にしたいと思います。

  • 07
    前期

    福祉情報学部特任講師
    中嶋 克成(a)

    「西京銀行課題解決型インターンシップ(下松ホストタウン)」

     このゼミでは、周南地区(近隣も含む)の企業でのインターンシップを行います。ただし、ただのインターンシップではなく、「課題解決型」のインターンシップ(PBI)となります。西京銀行へのPBL型インターンシップを通して学んだことを災害復興支援等地域貢献に活用していきます。

  • 08
    前期

    福祉情報学部特任講師
    中嶋 克成(c)

    「東京五輪・パラリンピックに向けた防府市ホストタウン事業活性化」

     「防府市セルビアホストタウン推進室」と連携し、東京五輪・パラリンピックに向け、交流国の選手支援や関係者との交流を行うホストタウン事業に関する課題解決に取り組みます。セルビアバレーボールチームの事前合宿実施に伴う活動を中心に、市民のホストタウン事業への理解促進に向けた活動を行う。

  • 09
    前期後期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉(a)

    「ビジネスプランコンテスト作品の具現化」

     地域連携センター主催の「ビジネスプランコンテスト最優秀賞と優秀賞の具現化」をおこないます。旬の経営学が学べます。

  • 10
    前期

    経済学部准教授
    山本 晋也

    「久米小学校児童との交流」

     このゼミでは、久米小学校の児童との「交流」を行います。その際、いつ、どのような交流をするかを、学生に考えて準備してもらいます。そして、交流を通じて、同じ地域に住む市民としての意識を育てることを目標とします。

  • 11
    前期後期

    福祉情報学部教授
    渡部 明(a)

    「ボランティアによる子ども育成事業などの支援活動」

     周南地域の小・中学校・特別支援学校、公民館等で子どもに関わるボランティア活動などを行い、それぞれの活動機関での課題を発見し、解決策を探っていきます。子ども達との関わりを通して教職に必要とされる資質・能力を高めていくことが目的です。

  • 12
    後期

    経済学部准教授
    赤松 礼奈

    「21世紀フラワーファームで農業を体験」

     学期中に収穫できるジャガイモを育てその他の農業を体験し農業について考察する。

  • 13
    後期

    経済学部准教授
    大坂 遊

    「"良い社会"を実現するために私たちは何ができるか?-桜ヶ丘高校との高大連携PBL-」

     桜ヶ丘高校と連携し,1年間をかけて地域の資源を活用したまちづくりのあり方や,地域課題の解決のための方法について考え,行動します。
     ①課題発見、②調査・探究は前期井出野が担当、③解決策の立案、④実践・行動は後期大坂が担当予定。

  • 14
    後期

    経済学部教授
    大田 康博

    「周南地域の農と食と自然を発信する」

     周南地域の農・食・自然について学び、その内容を写真・動画・文章で発信します(可能な場合は、ご協力者にビジネス上の提案を行います)。

  • 15
    後期

    経済学部教授
    紙矢 健治(b)

    「FMラジオ出演体験(放送番組内容の構成・出演)」

     「しゅうなんエフエム」に4回程度の出演体験をします(都合により増減あり)。ゲスト出演者への出演依頼+取材+放送番組出演なども実施予定です。放送はインターネットサイマル放送を通じて携帯端末を用いて世界中で受信できます。

  • 16
    後期

    経済学部教授
    紙矢 健治(c)

    「岩国市教育委員会との共同による市内小学校での留学生交流」

     岩国市教育委員会と共同で市内小学校での小学校高学年児童と留学生との交流をします。事前授業とロケハンの実施のうえ、2~4日(月曜日又は金曜日)での交流を予定しています。

  • 17
    後期

    福祉情報学部准教授
    瀬尾 賢一郎

    「小学校低学年対象の体育授業運営」

     小学校低学年の「体つくり運動遊び」という単元の授業運営を一緒に行います。様々な運動遊びを通じて、基本的な動きを経験することや、運動・スポーツへの好意的な態度を養うことを目的とした単元です。事前の準備、授業運営、片付けまで全てに関わってもらいます。

  • 18
    後期

    経済学部講師
    寺田 篤史(b)

    「周南の魅力再発見!」

     「(一財)周南観光コンベンション協会」のご協力のもと実施されます。これまで、着地型観光プログラム開発、観光情報発信プラン提案・工場夜景クルーズプラン企画に取り組んできました。今年度も、周南地域の魅力的な人・モノ・場所を自分の目で見て、その魅力を解きほぐしにていきましょう。

  • 19
    後期

    経済学部教授
    長澤 雅彦(b)

    「勝手に観光協会〜周南エリアの新たな観光資源を探し出し映像化する〜」

     工場夜景や回天などややもするとネガティブなものが観光名所として売りになっているが他にも新たな観光資源となるものがあるはず。
     それを発見し(無ければ作るの勢いで)映像でパッケージして広くアピールします。

  • 20
    後期

    福祉情報学特任講師
    中嶋 克成(b)

    「「リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち」運営スタッフ/小成川地区災害ボランティア」

     リレー・フォー・ライフ・ジャパンやまぐち実行委員会事務局主催の「がん患者支援チャリティ活動」に運営スタッフとしてかかわります。チャリティイベントは9月中旬(土日)が本番となりますが、そのための企画や準備、当日のボランティアスタッフなどを行います。また、参加者(本学の学生)募集活動も行うなど、活動内容は多岐にわたります。

  • 21
    後期

    経済学部講師
    羽田 司

    「中山間地域を見つめ直す」

     国土面積の約7割を占める中山間地域は魅力あふれる地域であるとともに、多くの課題も存在しています。このゼミでは周南地域の中山間地域における課題を自ら発見し、資料調査や現地調査を通じて課題への提言を行うことを目指します。

  • 22
    後期

    経済学部特任教授
    原田 一記

    「周南市を題材にゲームアイディア企画」

     周南市の情報を取材し、同市をイメージするゲームを開発、地域活性化繋がる事を目的としたゲームアイディアの企画立案、プロモーション計画までを考えるゼミです。

  • 23
    後期

    経済学部講師
    水崎 佑毅

    「小学校体育の運営及び指導」

     現在、子どもの体力低下が問題視されているため地域の小学校と連携し、体育授業の運営と指導を行う。
     介入による子どもたちの体育に対する認識の変化や運動能力の変化を調べる

  • 24
    後期

    経済学部教授
    宮脇 敏哉(b)

    「ビジネスプランコンテスト作品の具現化」

     地域共創センター主催の「ビジネスプランコンテスト最優秀賞と優秀賞の具現化」をおこないます。旬の経営学が学べます。

  • 25
    後期

    経済学部講師
    元安 陽一

    「小学校体育コーチング実習」

     小学校のクラブ活動や体育授業において教材開発やプログラムデザインを目指してコーチングを実践し、課題解決に導きます。

  • 26
    後期

    福祉情報学部教授
    渡部 明(b)

    「ボランティアによる子ども育成事業などの支援活動」

     周南地域の小・中学校、公民館等で子どもに関わるボランティア活動などを行い、それぞれの活動機関での課題を発見し、解決策を探っていきます。子ども達との関わりを通して教職に必要とされる資質・能力を高めていくことが目的です。


お問い合わせ

徳山大学 0834-28-0411(代表)

E-mail: tual_info@tokuyama-u.ac.jp

× CLOSE

TOKUDAI MOBILE & SMART APP