徳山大学アクティブ・ラーニング研究所

山口型PBL専門ゼミ


アクティブ・ラーニング(AL)による4年間の継続的な学びの体系


徳山大学では、地域をテーマとする課題解決型学習(PBL)「地域ゼミ」(2年次)の新設を基点として、「教養ゼミⅠ」(1年次)におけるPBLリテラシー教育を標準化し、卒業論文に取組む「専門ゼミⅠ・Ⅱ」(3・4年次)の学びへと接続させることで、4年間を通じてALを継続的な学びとするPBL体系化を進めてきました。さらに、H29年度(H28年度入学生)から「地域ゼミ」を必修化し、すべての学生がPBLを体験できる環境が整いました。その後、この体制をより充実させるため「専門ゼミⅠ・Ⅱ」における地域課題活用を推進しています。

学生は地域をテーマとするPBLに継続的に取組むことにより、課題を発見し解決するための「課題対応能力」やチームや他の関係者と協働して課題にあたるための「人間力」の向上を目指します。

山口型PBLによる「専門ゼミ」の開講


この充実化の一環として、令和元年度より「専門ゼミⅠ」の一部を「山口型PBL」として開講することといたしました。「山口型PBL」とは、企業や自治体等からテーマと活動資金の提供を受け実施されるPBLで、地域が求める人材の輩出・育成に向けた環境整備のため山口県が県内大学への普及を進めている授業モデルです。この授業モデルは、通常の卒業論文作成に代わって地域課題の発見・解決に取組む山口大学国際総合科学部の「プロジェクト型課題解決研究」をひな形としています。

徳山大学では、この「山口型PBL」を3・4年次の「専門ゼミ」に導入し、地域をテーマとするPBL体系の充実化を強化することとしました。導入形態として、(a)3年次「専門ゼミⅠ」でPBLを実施し、4年次「専門ゼミⅡ」でその経験をもとに研究を進める・またはPBLを継続する形態、(b)3年次「専門ゼミⅠ」では専門知識・方法論を学び、それをもとに4年次「専門ゼミⅡ」でPBLを実施する形態を想定しています。

専門ゼミへの山口型PBL導入形態

専門ゼミへの山口型PBL導入形態

徳山大学での「山口型PBL」の第一弾として、令和元年度には以下の「専門ゼミⅠ」において3つのゼミが開講されました。

1.「徳山大学生の就職意識に関する考察 ―働きたくなる街とは―」

連携団体:徳山商工会議所 担当教員:呉 贇

2.「Webメディア(Tokuyamap)を活用した地域情報の発信」

連携企業:㈱まちあい徳山 担当教員:寺田篤史

3.「遊びの情報発信基地に情報が集まる仕組みづくり」

連携企業:㈱国際貿易   担当教員:羽田 司

令和2年度には、周南市との連携による専門ゼミⅡ(赤松礼奈)、西京銀行との連携による専門ゼミⅠ(中嶋克成)が開講予定です。今後も「専門ゼミ」への「山口型PBL」の導入を進め、地域貢献できる人材育成に努めてまいります。

中間報告会での発表 企業へのプレゼン 授業中の様子

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >