現代経済学科

Department of Contemporary Economics

鈴木 力

Suzuki Chikara

経済学部 講師

出身都道府県 東京都 生 年 月 日 1988年1月29日
専門分野 社会政策、社会保障論、労使関係論
所属学会 社会政策学会、労働社会学会、日本港湾経済学会
学歴(学位) 2011年3月 中央大学経済学部卒業
2013年3月 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)
2016年5月 一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(経済学博士)
主な職歴 2015年4月-2018年3月 学校法人東都医療福祉学院 千住介護福祉専門学校 非常勤講師
2017年4月-2018年3月 一橋大学経済学研究科特任講師(ジュニアフェロー)
2017年4月-2018年3月 名城大学 法学部 非常勤講師
2018年4月-2019年3月 東京学芸大学 教育学部 社会科教室 特任講師
2019年4月-徳山大学経済学部 講師
主な著書・論文
  • 「人手不足なのになぜ賃金が上がらないか」、柴田努・新井大輔・森原康仁編著『[新版]図説 経済の論点』旬報社、2019年
  • 「港湾産業における事前協議制度の特徴とその形成要因―1960~70 年代における労使争議分析を中心に―」、日本港湾経済学会『日本港湾経済学会年報』、2018年3月、85-99頁
  • 「1960年代における港湾労働組合の共同闘争の進展要因――対立する二つの港湾荷役労働者組合に注目して――」、日本労働社会学会『日本労働社会学会年報』、東信堂、2014年12月、150-173頁
担当授業 教養ゼミⅠ、社会政策、社会保障論、社会保障Ⅰ・Ⅱ、経済学、日本経済概論、社会学
一言メッセージ

大学生活は学ぶことも部活やサークルなどの課外活動も、自主性があるからこそ楽しく大変さもあり、成長できる場だと思います。皆さんの成長の支えになるように頑張りたいと思います。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >