中井 勝

Nakai Masaru

客員教授

生 年 月 日 1944年(昭和19年)生まれ
学歴(学位) 昭和43年 広島大学教育学部高等学校音楽科(トランペット専攻)卒業
昭和43年 同専攻科修了
専攻 トランペット、東京芸術大学の中山富士雄教授などに師事。指揮法を遠藤雅古(えんどうまさひさ)教授に師事、日本最高レベルの楽団式における研鑽を積む。このほか、リコーダー演奏では、世界最高峰の演奏家、フランス・ブリュッヘン、ハンスマリア・クナイスの公開レッスン・モデルを務める。
教育者としての略歴 愛知県立蒲郡東高等学校や山口県立久賀高等学校、下松高等学校などで音楽教育に取り組み、その後山口県教育委員会で県内の芸術教育の指揮に力を注ぎ、県立学校長などを歴任。平成16年に退職後は、エリザベト音楽大学演奏科教授として定年まで指揮法、吹奏楽指導法、音楽教育・式にあたり、同大学ウインドアンサンブル指揮者として韓国公演をはじめ、数多の演奏会の指揮を執る。
吹奏楽指導に関する業績 全日本吹奏楽コンクール全国大会に10回出場、4度金賞。このうち、蒲郡市吹奏楽団を指揮して3年連続金賞の偉業を打ち立てた後、下松高等学校で7回出場(平成3年度には金賞を受賞、山口県の吹奏楽レベルを全国レベルに引き上げる。
吹奏楽方面での受賞歴 昭和58年 日本吹奏楽指導者協会優秀指揮者賞
昭和62年 財団法人松田教育振興財団より松田賞
平成 3年  山口県文化功労賞
平成 4年  山口県芸術文化振興奨励賞
平成23年 山口県選奨
他 多数
現在 徳山大学学長顧問・客員教授、同大吹奏楽団音楽総監督・指揮者て韓国公演をはじめ、数多の演奏会の指揮を執る。
広島大学教育学部音楽家科非常勤講師・同大音楽科吹奏楽団指揮者
広島文化学園大学学芸学部非常勤講師・同大ウインドアンサンブル指揮者
(一社)全日本吹奏楽連盟 山口県理事長・中国吹奏楽連盟 常任理事

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >