人間コミュニケーション学科

Faculty of Welfare and Information

前田 瞬

Maeda Shun

福祉情報学部 准教授

出身都道府県 北海道 生 年 月 日 1986年9月1日
専門分野 経営情報学
所属学会 日本情報経営学会、日本情報ディレクトリ学会、日本医療・病院管理学会、日本社会福祉学会、日本子ども虐待防止学会、地域デザイン学会、関西ベンチャー学会、北海道都市地域学会、岡山ソーシャルワーカー協会
学歴(学位) 2009年 札幌大学経営学部産業情報学科卒業/学士(経営学)
2011年 札幌大学大学院経営学研究科経営学専攻修士課程修了/修士(経営学)
主な職歴 2009年~2010年 北海道札幌丘珠高等学校 時間講師
2010年~2012年 希望学園札幌第一高等学校 非常勤講師
2012年~2015年 北照高等学校 教諭
2013年~2016年 中央大学企業研究所 客員研究員
2015年~2018年 徳山大学福祉情報学部 講師
2015年~ YIC看護福祉専門学校看護学科(情報科学)非常勤講師
2018年~ 徳山大学福祉情報学部 准教授
主な資格 高等学校教諭専修免許状(商業)
高等学校教諭一種免許状(情報)
主な著書・論文

<著書>

  • 前田瞬・堀江育也・小山茂(2013)「札幌大学女子短期大学部経営学科学生による取り組み」、小山茂他編著『地域活性化に関する研究』札幌大学附属総合研究所、pp.35-50。
  • <論文>

  • 前田瞬(2018)「DEAを用いた山口県内自治体病院の経営効率性評価」『徳山大学総合研究所紀要』No.40、pp.97-105。
  • 前田瞬・小林武生(2018)「福祉情報の電子化状況に関する実態調査-高齢者福祉施設を事例に-」『徳山大学総合研究所紀要』No.40、pp.83-95。
  • 前田瞬(2017)「北海道内自治体病院の経営効率性分析」『都市学研究』No.54、pp.11-18。
  • 前田瞬(2017)「ネットワーク時代における情報管理の射程-情報品質教育の構築に向けて-」『徳山大学総合研究所紀要』No.39、pp.81-89。
  • 梅野潤子・前田瞬・藥師寺真・青井美帆(2017)「子どもの権利を護るソーシャルワークにおけるICTの活用に関する文献研究」『福祉おかやま』No.34、pp.3-12。
  • 前田瞬(2017)「子どもの権利を保障するための情報倫理観醸成の必要性」『福祉おかやま』No.34、pp.13-23。
  • 前田瞬(2016)「情報品質指向の福祉情報システム構築に向けての一試論」『福祉おかやま』No.33、pp.12-18。
  • 前田瞬(2016)「医業利益に影響を及ぼす医業費用項目の比較-DPC導入の自治体病院を事例に-」『産研論集』No.50、pp.99-104。
  • 前田瞬(2016)「医療会計情報の戦略的活用のための条件-情報品質研究に依拠して-」『徳山大学総合研究所紀要』No.38、pp.119-124。
  • 前田瞬(2015)「自治体病院における医業経営のポジショニングモデル」『都市学研究』No.52、pp.19-26。
  • 前田瞬・堀江育也(2014)「Scratchを用いた会計情報活用教育-会計初学者を対象として-」『経済と経営』Vol.45、No.1、pp.25-33。
  • 前田瞬・八鍬幸信(2014)「診療科ポジショニング評価モデルの一提案-医業経営情報の品質向上のために-」『企業研究』No.25、pp.153-164。
  • 前田瞬(2013)「会計初学者を対象とした会計情報活用教育実践に向けての一試論-REA会計モデルの適用可能性-」『会計教育研究』No.1、pp.20-29。
主な地域活動 2015年~ 周南市情報公開・個人情報保護審査会 委員
2015年~2016年 周南市合流式下水道緊急改善事業事後評価アドバイザー会議 副会長
2016年~ やまぐち未来創生リーダー育成プログラム開発等委員会 委員
2017年~ 徳山中央病院地域連絡協議会 委員
その他役職 2014年~2017年 日本情報経営学会大会委員会幹事
2015年~2016年 山口大学教員免許状更新講習講師
2015年~ 地域デザイン学会特命担当理事(事務局運営委員、中国地域部会運営委員、地域福祉フォーラム事務局長、せとうちフォーラム運営委員)
2017年~ 岡山ソーシャルワーカー協会理事(機関誌編集委員長、研究倫理審査委員)
2018年~ 徳山大学教務部主監(情報教育支援・COC+事業・研究ブランディング事業)
担当授業 データベース論、プログラミング基礎、ITパスポート特論、情報リテラシーⅡ、福祉情報論Ⅰ、福祉統計学、福祉情報インターフェース、福祉医療情報システム、情報社会と職業、SNS活用と地域課題解決、アントレプレナー基礎、専門ゼミⅠ・Ⅱ
一言メッセージ 情報系科目を全般的に担当します。パソコンやスマートフォンなどの情報機器を、上手に"利活用"できる術を身につけてください。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >