人間コミュニケーション学科

Faculty of Welfare and Information

小林 武生

Kobayashi Takeo

福祉情報学部 学部長/教授

出身都道府県 兵庫県 生 年 月 日 1975年
専門分野 福祉情報、高齢者福祉、地域福祉、社会福祉援助技術、社会福祉士実習教育
所属学会 日本福祉介護情報学会、日本社会福祉学会、日本地域福祉学会 等
学歴(学位) 1999年 岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科卒業(保健福祉学士)
2001年 淑徳大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了(社会福祉学修士)
主な職歴 2002年 田園調布学園大学人間福祉学部 助手
2003年 川崎市社会福祉協議会 嘱託職員
2004年 大妻女子大学人間関係学部人間福祉学科 助手
2006年 徳山大学福祉情報学部 助手
2007年 徳山大学福祉情報学部 講師
2010年 徳山大学福祉情報学部 准教授
2016年 徳山大学福祉情報学部 教授
主な資格 社会福祉士
主な著書・論文
  • 「社会福祉施設における処遇情報の構造化に関する一考察」徳山大学紀要、30、2008、 71-79頁。
  • 「社会福祉施設における情報化に関する一考察-特別養護老人ホームにおける情報化過程を事例に―」福祉情報研究、3、2006、3-15頁。
  • 「老人福祉施設における福祉情報化プロジェクトに関する実践報告」福祉情報研究、1、2004、68-78頁。
  • 「社会福祉における専門職性の確立のための情報活用に関する考察」徳山大学紀要,33,2011,29-34
  • 「社会福祉施設職員の連携に関する質的調査報告」徳山大学紀要,35,2013,105-114
  • 「連携の類似概念の整理」徳山大学紀要、37、2015、61-66
  • 「地域包括ケアシステムにおけるキーパーソン-専門職養成課程の教育内容の分析を通して-」徳山大学紀要、39、2017、27-36
  • 「質的調査に基づく連携の現状把握および課題-特別養護老人ホームにおける連携-」徳山大学紀要、40、2018、27-36
主な地域活動 周南市地域包括支援センター運営協議会 委員長(2006年~)
周南市地域密着型サービス運営委員会 委員(2006年~)
周南市地域福祉計画評価・策定委員会 委員長 (2008年~)
社会福祉法人仁泉会 特別養護老人ホームやすらぎ苑評議員 (2012年~)
久米地区社会福祉協議会 理事 (2006年~)
社会福祉法人 光仁会 特別養護老人ホームくすのき苑 第三者委員
担当授業 教養ゼミⅠ、福祉情報論Ⅱ、高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ、地域福祉の理論と方法Ⅰ・Ⅱ、社会調査の基礎、相談援助実習指導Ⅱ、相談援助実習、相談援助の理論と方法Ⅲ、コミュニケーション技術Ⅱ、専門ゼミⅠ
一言メッセージ 学生と一緒に地域と関わる中で、教育・研究活動を行っています。その活動の中で目指すのは、学生の人間力向上、地域の活性化、自分自身の成長。一石二鳥ならぬ一石三鳥を狙う欲張りな性格は自負しております。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >