総合教育

Liberal Arts

紙矢 健治

Kamiya Kenji

経済学部 教授

出身都道府県 山口県 生 年 月 日 1964年
専門分野 専門日本語、日本語、中国語教育、中国事情、地域研究(中国・台湾)
所属学会 (社)台湾応用日語学会、日本比較文化学会、立正大学史学会、史学研究会、愛知教育大学地理学会、地域地理科学会、日本産業教育学会
学歴(学位) 1984年4月 大東文化大学外国語学部中国語学科入学
1986年8月 中山大学(広州)中国語文学系派遣留学(1987年7月迄)
1988年3年 大東文化大学外国語学部中国語学科卒業(文学士)
1991年9月 国立中山大学(高雄)中山学術研究所経済組碩士課程入学
1993年7月 国立中山大学(高雄)中山学術研究所経済組碩士課程卒業(法学修士)
1998年9月 香港珠海学院(大学)文学院中国歴史研究所博士課程入学
2001年7月 香港珠海学院(大学)文学院中国歴史研究所博士課程卒業(文学博士)
2002年2月 中華民国教育部より文学博士学位の授与
主な職歴 1988-1991.5 フジサンケイグループ フジエイト
(現、フジメディアホールディング、フジクリエイティブコーポレーション) 勤務
1993.9-1995.7 和春技術学院(大学)応用外語科専任講師
1995.8-1997.1 南台技術学院(現、南台科技大学)応用外語科専任講師
1997.2-2002.7 国立高雄餐旅学院(大学)通識教育センター専任講師
2002.8-2006.7 国立高雄餐旅学院(大学)通識教育センター専任副教授
2004.8-2006.7 国立高雄餐旅学院(大学)通識教育センター日本語組召集人
2006.8-2010.9 国立高雄餐旅大学応用日語系専任副教授
2010.10~   徳山大学経済学部教授
主な資格 中華民国行政院(内閣)公務人員三等奨章(2005年)
主な著書・論文
  • 黄招憲、尾崎富枝、紙矢健治共著、『旅館日本語』台北:致良出版社、1998 (ISBN:957-786-083-4)
  • 黄招憲、紙矢健治共著『航空日本語』台北:致良出版社、1999 (ISBN: 978-957-786-100-9)
  • 黄招憲、紙矢健治共著『餐飲日語会話』台北:致良出版社、2010 (ISBN:978-957-786-503-8)
  • 黄招憲、紙矢健治共著『航空與高鉄日本語』台北:致良出版社、2010 (ISBN:978-957-786-533-5)
  • 黄招憲、紙矢健治、尾崎富枝共著『旅館実務日語会話』台北:致良出版社、2010 (ISBN:978-957-786-561-8)
  • 紙矢健治、于蕙清「宋教仁在日本所受之文化衝撃-以『我之歴史』一書為例」『台湾応用日語研究』第4期、台湾応用日語学会、2005年6月、p87-113.
  • 紙矢健治「中華民国政府の対中観光政策の現状-全面開放に向かう中国人観光客受け入れを中心に--」『大阪観光大学観光学研究所年報』第5号、大阪観光大学観光学研究所、2006年11月27日、p37-50.
  • 紙矢健治、黄招憲「宋教仁と漢文教育」『台湾応用日語研究』第6期、台湾応用日語学会、2009年5月,p40-54.
  • 紙矢健治「台湾の大学段階における観光地理学について」『地理学報告』107号、愛知教育大学地理学会、2008年12月、p19-32.
  • 黄招憲、紙矢健治著「日本における『校外実習』の効果についての考察」『台湾応用日語研究』第6期、台湾応用日語学会、2009年5月、p176-196.
その他役職 学長補佐
エクステンションセンター長
徳山大学吹奏楽団部長
周南地区吹奏楽連盟理事
担当授業 中国語Ⅰ・Ⅱ、OSP B、地域ゼミ、応用日本語、日本生活事情
一言メッセージ  大学の専攻は中国語、修士課程と博士課程の専攻は経済思想史です。中国や台湾が大好きで中国で1年、台湾で19年生活し、在外生活は合計で20年です。皆さんももっとアジアに目を向けてください。チャンスはアジアにあります。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >