ディプロマ&カリキュラムポリシー

経済学部

ディプロマポリシー

《現代経済学科》

(1) 経済理論、経済政策、経済史の学問内容、およびその分析手法や方法論を理解する。 (知識・理解)
   
(2) 変化する経済社会の諸現象に注目し、その理論的背景に興味を持って論理的に分析・解明し、その結果を社会における様々な場や学校教育の場でいかすことができる。 (関心・意欲・態度)
   
(3) 上記(1)のいずれかの学問領域の研究方法を用いて、社会におこる様々な経済現象を分析・考察し、その結果を後進に伝えることができる。 (思考・判断)
   
(4) 得られた結果を、情報技術などを駆使して的確に表現し、伝えることができる。 (技能・表現)
   

《ビジネス戦略学科》

(1) 経営学理論、経営史、企業論、経営管理論、経営戦略論、経営情報、簿記会計の学問内容および方法を理解する。 (知識・理解)
   
(2) ビジネス社会の流れとその変化を的確に把握し、グローバルな視点から戦略的意思決定をおこなうことができる。その結果を社会における様々な場や学校教育の場でいかすことができる。 (関心・意欲・態度)
   
(3) 上記いずれかの学問領域の研究方法を用いて、経営・ビジネスの現場におこる様々な現象を分析・考察し、その結果を後進に伝えることができる。 (思考・判断)
   
(4) 得られた結果を、情報技術などを駆使して的確に表現し、伝えることができる。 (技能・表現)
   

《総合教育》

(1) (知識・理解)
  社会人として必要となる基礎知識や、専門分野での学習に必要となる基礎知識と技法を身につけている。
     
(2) (関心・ 意欲・態度)
  自己を知り制御する能力をもつ。また他者を理解しようとする姿勢をもち、そのために必要となるコミュニケーションの能力を備えている。
  目的を達成するための協働(チームビルディング)の意義と重要性を知り、チームの構成員またはリーダーとして責任を持って行動する事ができる(リーダーシップ)。
  情報の重要性を知り、十分な倫理観をもってその収集と活用をおこなうことができる。
     
(3) (思考・判断)
  自ら問題を発見し、様々な情報に基づいて思考・判断し、その解決に向けて努力する事ができる。
     
(4) (技能・表現)
  日本語を正確に理解し、論理的な文章によって自分の考えや意見を表現できる。
  情報の収集や活用に必要となる十分な情報処理能力を持っている。
  健康的な生活を送るために必要な技能を身につけている。
     

カリキュラムポリシー

《現代経済学科》

(1) 経済理論、経済政策、経済史の基本的内容を確実に身につけるための科目群を「コア科目」と位置づけ講義内容の充実を図る。 (知識・理解)
   
(2) 現代の経済社会に起こる諸問題への興味を喚起しその理解を深めるため、「現代経済」「ファイナンス」「コミュニティー経済」のコースを置く。各コースには、各々のテーマについて実践的な演習やワークショップ、地域社会との連携などをとおして、体験的に学ぶ科目群を配備する。 (関心・意欲・態度)
   
(3) 自ら問題を発見しその解決方法を探る体験を通じて思考力・判断力が養われていく。そのような教育効果をあげるため、少人数のゼミ教育を重視したカリキュラム構成とする。 (思考・判断)
   
(4) 研究・考察した結果を、情報技術などを駆使して的確に表現し伝える能力を、専門ゼミをはじめ、各種専門科目の講義のなかで養成していく。同時に、卒論発表会の実施や概要集の発行によって、学生の発表の機会を増やしていく。 (技能・表現)
   

《ビジネス戦略学科》

(1) 経営学の基礎理論系の授業では、ケーススタディー、実践演習、ワークショップ形式など、学生参加型の講義形態を多く取り入れ、理解しやすい講義をめざす。また簿記会計・経営情報系の講義群には「資格の取得」をテーマに含め、学修意欲の向上を図る。 (知識・理解)
   
(2) 経営・ビジネスにまつわる現代的諸問題への興味を喚起しその理解を深めるため、「ビジネス戦略コース」に加え、知的財産(マンガ・アニメ・メディアデザイン)の開発やコンテンツビジネスをテーマとする「知財開発コース」と、健康・スポーツ科学、スポーツビジネス、地域スポーツ経営など、スポーツ全般の管理運営に関わる概念「スポーツマネジメント」の学びをテーマとする「スポーツマネジメントコース」を置く。 (関心・意欲・態度)
   
(3) 自ら問題を発見しその解決方法を探る体験を通じて思考力・判断力が養われていく。そのような教育効果をあげるため、少人数のゼミ教育を重視したカリキュラム構成とする。 (思考・判断)
   
(4) 研究・考察した結果を、情報技術などを駆使して的確に表現し伝える能力を、専門ゼミをはじめ、各種専門科目の講義のなかで養成していく。同時に、卒論発表会の実施や概要集の発行によって、学生の発表の機会を増やしていく。 (技能・表現)
   

《総合教育》

(1) (知識・理解)
  総合科目に「人文系」「社会系」「自然系」「外国語系」「保健体育系」「情報系」「総合系」を置き、多様性に富んだ科目構成とする。
     
(2) (関心・ 意欲・態度)
  総合科目に、上記に加え「EQ教育系」を置き、「セルフコントロール&コミュニケーション」「チームビルディング&リーダーシップ」「ソーシャリティー」などの能力を中心に『人間力』を育てるための科目群を設置する。
  ゼミ(セミナー)や情報系の科目群において、情報の重要性を知り、セキュリティーへの配慮と倫理観をもって、それを十分に活用して生きていく姿勢を醸成する教育内容を含める。
     
(3) (思考・判断)
  「EQ教育系」には「プレゼンテーション」や「問題の発見と解決」をテーマとする科目を置き、関連する技術やノウハウを提供するとともに、ゼミ等をとおして、それらの能力の実践的習得を図る。
     
(4) (技能・表現)
  日本語表現技術についてはその養成ための科目を置くと共に、初年次「ゼミ」から「専門ゼミ」の卒論指導に至る長期計画によって、学生の言語能力向上をめざす。
  キャンパスのサイバー化を伴う情報教育の徹底により、全学生の情報処理能力向上を図る。
  健康的な生活を送るために必要となる最低限の技能を身につける必修科目を設置する。
     

福祉情報学部

ディプロマポリシー

《人間コミュニケーション学科》

(1) 福祉学、情報学、心理学のいずれかの学問内容およびその分析手法や方法論を深く理解し、諸問題の解決に応用することができる。(知識・理解)
   
(2) 人間と人間のコミュニケーションを、現代社会を生き抜く上での最も重要なテーマと捉え、コミュニケーション能力や情報活用能力を最大限に活かして、あらゆる業務に積極的に取り組んでいくことができる。また、情報コミュニケーション技術を駆使して福祉の効率化・高質化を図り、その結果を社会における様々な場や学校教育の場で活かすことができる。(関心・意欲・態度)
   
(3) 現代社会でおこる様々な問題に対し、上記(1)のいずれかの学問領域の分析手法や方法論を用いて分析・考察し、的確な判断を下し、結論を導くことができる。また、その結果を後進に伝えることができる。(思考・判断)
   
(4) 得られた結果を、各種の情報コミュニケーション技術を駆使して的確に表現し、伝えることができる。(技能・表現)
   

《総合教育》

(1) (知識・理解)
  社会人として必要となる基礎知識や、専門分野での学習に必要となる基礎知識と技法を身につけている。
     
(2) (関心・ 意欲・態度)
  自己を知り制御する能力をもつ。また他者を理解しようとする姿勢をもち、そのために必要となるコミュニケーションの能力を備えている。
  目的を達成するための協働(チームビルディング)の意義と重要性を知り、チームの構成員またはリーダーとして責任を持って行動する事ができる(リーダーシップ)。
  情報の重要性を知り、十分な倫理観をもってその収集と活用をおこなうことができる。
     
(3) (思考・判断)
  自ら問題を発見し、様々な情報に基づいて思考・判断し、その解決に向けて努力する事ができる。
     
(4) (技能・表現)
  日本語を正確に理解し、論理的な文章によって自分の考えや意見を表現できる。
  情報の収集や活用に必要となる十分な情報処理能力を持っている。
  健康的な生活を送るために必要な技能を身につけている。
     

カリキュラムポリシー

《人間コミュニケーション学科》

(1) 福祉(社会福祉・介護福祉・健康福祉)、情報、および心理学の基礎的学問内容およびその分析手法や方法論については、「共通基礎科目」をベースとし、各コース・カリキュラムを通して学んでいけるよう体系づける。このため「社会福祉」と「情報コミュニケーション」の2コースを置き、前者では「社会福祉士」、「介護福祉士」を養成し、「健康福祉」の専門家をめざすことのできるカリキュラム構成とする。そして後者では、「メディア情報」または「心理学」の専門家をめざすことのできるカリキュラム構成とする。(知識・理解)
   
(2) 学科の中心テーマ「人間コミュニケーション」については、EQ教育系科目や共通基礎科目をとおして学生全員が学ぶ機会を持ち、心理学系科目群で更に深く学べるよう体系付ける。またこの学びをとおして、社会福祉コースでは人格を尊重しながら行動できる人間性豊かな福祉の専門家を、情報コミュニケーションコースでは、コミュニケーション能力・情報活用能力を活かし福祉業務の質を高めていく能力や、情報コミュニケーション技術を駆使して福祉の効率化・高質化を図る能力を養成するカリキュラムを構成する。(関心・意欲・態度)
   
(3) 自ら問題を発見しその解決方法を探る体験を通じて思考力・判断力が養われていく。そのような教育効果をあげるため、少人数のセミナー教育を重視したカリキュラム構成とする。(思考・判断)
   
(4) 研究・考察した結果を、各種の情報コミュニケーション技術を駆使して的確に表現し伝える能力を養う科目群を配備する。(技能・表現)
   

《総合教育》

(1) (知識・理解)
  総合科目に「人文系」「社会系」「自然系」「外国語系」「保健体育系」「情報系」「総合系」を置き、多様性に富んだ科目構成とする。
     
(2) (関心・ 意欲・態度)
  総合科目に、上記に加え「EQ教育系」を置き、「セルフコントロール&コミュニケーション」「チームビルディング&リーダーシップ」「ソーシャリティー」などの能力を中心に『人間力』を育てるための科目群を設置する。
  ゼミ(セミナー)や情報系の科目群において、情報の重要性を知り、セキュリティーへの配慮と倫理観をもって、それを十分に活用して生きていく姿勢を醸成する教育内容を含める。
     
(3) (思考・判断)
  「EQ教育系」には「プレゼンテーション」や「問題の発見と解決」をテーマとする科目を置き、関連する技術やノウハウを提供するとともに、ゼミ等をとおして、それらの能力の実践的習得を図る。
     
(4) (技能・表現)
  日本語表現技術についてはその養成ための科目を置くと共に、初年次「ゼミ」から「専門ゼミ」の卒論指導に至る長期計画によって、学生の言語能力向上をめざす。
  キャンパスのサイバー化を伴う情報教育の徹底により、全学生の情報処理能力向上を図る。
  健康的な生活を送るために必要となる最低限の技能を身につける必修科目を設置する。
     

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >