地域再生の核となる

 徳山大学は1971年、当時の徳山市長と市議会の要請を受けて開学。公設民営型大学の先駆けとして、地域における産学官連携の重要な役割を担いながら、去る2011年4月に創立40周年を迎えました。

 30周年から40周年までの10年間には、福祉情報学部の開設、現代経済学科・ビジネス戦略学科への学科名称変更、それに伴う「スポーツマネジメント」や「知財開発」などユニークなコースの設置、経済学部としては全国初の教職課程「保健体育」の設置、EQ教育プログラムの導入とキャリア教育の充実、キャンパスのサイバー化など、特色あるカリキュラムの構築と教育システムの整備を進めてきました。

 そして今、徳山大学は、これからの10年間に"地域に輝く大学"としての地位を確固たるものとすべく、新たな歩みをスタートさせました。これまでの改革の結実である「特色あるカリキュラム」をはじめ、本学が有するさまざまな知的資源を活かして、地域を支える人材の育成、地域産業の振興、市民生活や地域活動への貢献など、地域課題の解決のために「地域との連携」をさらに深め、地域再生の拠点となる大学づくりに全力を注いでいきます。

 50周年に向けた徳山大学の新たなチャレンジに、ぜひご期待ください。

徳山大学学長 岡野 啓介

地域再生の核となるための取り組み

「EQ教育・キャリア教育」「経済・ビジネス」「健康とスポーツのマネジメント」「知財開発」「人間コミュニケーション(福祉・情報・心理)」など、徳山大学にはさまざまな知的資源があります。 それぞれの分野における教育・研究に対し、関連する地域課題を発見し、その解決をめざす課題解決型の学習形態(PBL)を効果的に実施するシステムづくりと、本学の持つ知的・人的資源のフル活用を通して、地域再生の核となる"地域に輝く大学"となることをめざしていきます。

地域<commnuity>
  • EQ教育・キャリア教育

    中高大連携/ 地域生涯教育

    自己を正しく認識し、他者と協働して高い成果を挙げていく能力(EQ)の育成。EQ教育を基盤とし、学生各自の自己実現(キャリア形成)を支援する体制。ICTをフルに活用した、このキャリア教育支援体制を通して、地域を活性化する人材を育成します。同時にその教育を、中学生・高校生・大学生から社会人までを対象に、生涯にわたって継続的に行っていく、地域キャリア教育コミュニティの形成をめざします。

  • 経済・ビジネス

    自治体・産業界との連携/地域の現場を舞台とする学生教育

    各教員が地域課題の解決を指向した研究課題の開拓に努め、自治体や産業界との共同研究・共同事業を推進します。そして、その連携のなかに「社会の現場を舞台とする課題解決型学習」のテーマを見出し、学生指導に役立てます。また、それらの研究・教育の成果は公開講座などを通して地域の方々と共有しつつ、地域再生の核を形成していきます。

  • 健康とスポーツのマネジメント

    中高大連携/ 地域生涯教育

    各種スポーツ競技会の開催や健康・スポーツイベントのマネジメント、そして、それらと地域社会・産業とのかかわり。スポーツマネジメントコースの学びは、そのような場面や分野で必要となる経営学的専門知識やノウハウに関する研究と教育にあります。地域の自治体やNPOとタイアップして実施するスポーツイベントの現場などを舞台とした課題解決型学習を通して、地域を活性化する人材を育成します。

  • 知財開発

    自治体・産業界との連携/地域の現場を舞台とする学生教育

    これからの日本の重要な産業資源となるのが、マンガ・アニメ・映像などのコンテンツ。知財開発コースでは、「コンテンツの開発と地域振興」をテーマとし、プロの漫画家・CGクリエイター・映画監督・マーケティング専門家が一体となった学生教育と研究を推進中。周南市を中心に、地域を元気にする人材の育成・輩出に努めていきます。

  • 人間コミュニケーション

    自治体・産業界との連携/地域の現場を舞台とする学生教育

    地域の市民生活や福祉活動の現場に課題を求め、その解決をめざした研究と、現場における課題解決型学習を重視した教育を推進します。また、そのような研究・教育活動を通して、地域福祉の活性化に寄与することのできる人材、高度な情報技術を備え、地域メディアを活用した問題解決を行える人材、人間の心理に対する深い理解を踏まえ、市民生活に起こるさまざまな問題の解決に臨むことのできる人材を育成し、地域市民生活の充実を支援します。

これらの取り組みは、学生にとって社会に直接かかわる機会となるだけでなく、その成果を大学にフィードバックすることで、大学の教育・研究がさらに充実。現実的な学習素材や課題解決を通して、学生の学習やキャリア形成の意欲が向上するという面でも、大変意義深いものだといえます。

TOKUDAI MOBILE & SMART APP

HOME > 大学概要 >