大学概要

徳山大学40周年

 この2011年4月、徳山大学は創立40周年の節目を迎えました。本学の歴史は1971年、当時の徳山市長と市議会の要請を受けて開学されたことに始まります。その後、地域の政治・経済・産業界の代表者で構成する学校法人徳山教育財団を経営母体とし、産学官連携の重要な役割を担いつつ、公設民営型大学の先駆けともいえる歩みを続けてきました。

特に、30周年からの10年間には、福祉情報学部の開設、現代経済学科・ビジネス戦略学科への学科名称変更、それに伴う「スポーツマネジメント」や「知財開発」などユニークなコースの設置、経済学部としては全国初の教職課程「保健体育」の設置、EQ教育プログラムの導入とキャリア教育の充実、キャンパスのサイバー化など、特色あるカリキュラムの構築と教育システムの整備を進めてきました。

 そして今、徳山大学は、これからの10年を見据え、創立50周年を期とした"地域に輝く大学"の確立をめざし、新たな歩みをスタートさせます。これまでの改革の結実である「特色あるカリキュラム」に加えて、学生各自のキャリア形成を支援する「きめ細かな修学支援体制」の確立を通して"何かにいちばんの""EQパワー溢れる"人材の育成に努め、地域を支える行動人の輩出に全力を注いでいきます。

 40周年を機に始まる徳山大学の新たなチャレンジに、ぜひご期待ください。

徳山大学学長 岡野 啓介

徳山大学40周年記念事業

創立40周年を迎えた徳山大学では、2011年度、下記のような事業に重点を置き、
"地域に輝く大学"をめざした大学改革を進めていきます。

地域からの有為な人材の獲得

徳山大学特別奨学生制度

「地域社会を支える人材の育成」を目的とした特別奨学生制度を設置します。

奨学金
アドバンスト奨学生 学納金相当額を原則4年間(初年度1,130,000円、2年次以降880,000円)を免除。
スタンダード奨学生 学納金の半額相当額を原則4年間(初年度565,000円、2年次以降440,000円)を免除。

※コースによって金額が変わります。

◎採用人数...各4〜6人

◎選考方法...センター利用入試(前期)で出願、個人面接を課す(本学にて実施)。

※詳細は、募集要項(2012年版)、HPをご覧ください。

特色ある教育システムの確立

スポーツマネジメント教育研究センター
経済学部准教授 小川 剛司

経済学部准教授 小川 剛司

 8号館1階に設置される「スポーツマネジメント教育研究センター」は、ビジネス戦略学科スポーツマネジメントコースの学びの中心となる施設です。

 センターには、健康スポーツ科学分野の教育研究機能強化のため、運動生理学やスポーツバイオメカニクスにかかわる各種実験機器のほか、トレーニング科学系実習機器、スポーツ戦略分析ソフトなどを揃えました。授業や研究はもとより体育系クラブの諸活動まで、スポーツのマネジメントにかかわる学内活動の拠点となることをめざしています。将来的にはその活動範囲を、"大学を核とした地域スポーツの振興"へ拡大していくことも期待されています。

修学支援制度の強化-1 EQ教育プログラムの実施
経済学部准教授 石井 拓

経済学部准教授 石井 拓

 2007年より導入されたEQ教育プログラムは、人間関係の構築能力や社会的スキルを磨くための本学独自の取り組みです。昨年度からは、私を含めた本学の心理学系の教員が中心となり、より本学の学生に適したオリジナルの内容でプログラムを展開しています。

 入学直後に行われる『EQトレーニングⅠ』では、行動心理学の理論をベースに開発した「自己紹介と傾聴」「チームビルディング」「自己主張」などのトレーニングを実施しています。最後には、自分なりの価値観に基づき、行動計画を作成するテーマを挙げ、その手順を教えるなど、大学生活を意欲的にスタートさせるのに役立つプログラムを提供しています。

修学支援制度の強化-2 キャリア教育の充実
経済学部教授 石川 英樹

経済学部教授 石川 英樹

 徳山大学では、1年次から学生の「職業意識」「仕事への意欲」「働く能力」を育むことをめざしたキャリア教育を展開しています。

 2010年には、大学独自のデータベースシステム[CASK(Career Student Karte:キャスク)]も構築し、学生生活やEQ教育、就職までの情報を全教職員が共有・活用し、きめ細かなキャリア形成支援を行っています。

 また、2011年度からは1年次必修の『教養ゼミI』においてもキャリア関連の授業を展開。e-learningによる就職試験(SPI2)対策演習や共通テストの実施により、早期から就職活動に直結する実力養成に取り組んでいきます。

徳大コンテンツの地域への発信

地域連携活動の推進
経済学部准教授 和田 崇

経済学部准教授 和田 崇

 本学の地域連携活動の中心的役割を担うのが、私がセンター長を務める地域連携センターです。本センターでは、学外への情報発信のほか、地域からの提案に基づき本学教員が研究を行う「地域貢献研究事業」や、大学と中学校・高校が一緒になって授業研究を行う「中高大連携型研究事業」、さらには全国からまちづくりのアイデアを募集する「周南まちづくりコンテスト」などに取り組んでいます。2011年度も、これらの活動をさらに充実させるとともに、徳山大学の強みや魅力を知っていただくための発信を積極的に行い、"地域に輝く大学"づくりの一端を担っていければと考えています。

HOME > 大学概要 > 基本情報 > 40周年
  • 情報の公開
    • 学部案内
        • 現代経済学科
          • 現代経済コース
          • コミュニティ
            経済コース
          • ファイナンスコース
        • ビジネス戦略学科
        • 人間コミュニケーション
          学科
          • 社会福祉コース
            • 社会福祉専攻
            • 介護福祉専攻
            • 健康福祉専攻
          • 情報コミュニケーションコース
            • メディア情報専攻
            • 心理学専攻